リリアーナ・カヴァーニ『リプリーズ・ゲーム』

2017/2/15(水)

大学で打ち合わせ。個人研究費の整理。

帰ってDVDで映画鑑賞。この前「リプリー」を観たので、その流れ。

ハープシコードの演奏とかなかなかにおしゃれ。イタリアだと額縁屋さんという仕事も結構成立するんだなとか、贋作商売とかアーツがらみのところなどけっこう楽しめた。

ただ、ほとんど独立していて、同じ原作でヴィム・ヴェンダース監督の『アメリカの友人』があると知って、多分観た気がするのに思い出せない。

リリアーナ・カヴァーニ『リプリーズ・ゲーム』(2003年、110分)

<パトリシア・ハイスミスの1974年の小説『アメリカの友人(原題:Ripley's Game)』を原作とした、2002年のイタリア・イギリス・アメリカ合作のサスペンス映画。200292日にヴェネツィア国際映画祭で初公開された。同一原作の映画化作品としては、西ドイツ・フランス合作の1977年の映画『アメリカの友人』がある(監督:ヴィム・ヴェンダース、主演:デニス・ホッパー)。>

トム・リプリー - ジョン・マルコヴィッチ

ジョナサン・トレヴァニー - ダグレイ・スコット

リーヴス - レイ・ウィンストン

サラ・トレヴァニー - レナ・ヘディ

ルイーザ・ハラーリ - キアラ・カゼッリ

参考

リプリーズ・ゲーム@映画The Gothic http://www.the-gothic.com/html/movies/movies_119_ripleys_game.html

それにしても豊中市の国有地売却の事案はいろいろ考えさせられる。

近畿財務局、大阪航空局、大阪府私学審議会、国交省の木質化補助金・・・


幼稚園に続いて、保育所でも国旗国歌に親しむようにするという保育所保育指針の2018年度からの政策もなんだか絡むし。

これまでの整理はこれが分かりやすい記事かも。

森友学園「国有地9割引」疑惑 首相夫人が名誉校長の神道小学校の土地取引に次々と浮かぶ疑問点 土地を購入した森友学園には、安倍政権の関係者や、改憲運動を目指す保守団体「日本会議」が関わっている。なぜ、割り引かれたのか。なぜ、非公表だったのか。

posted on 2017/02/16 06:00

https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni4?utm_term=.vk1R9jW29#.gm30YrP3Y

2017 02 14 20:55 JST ロイター

保育所でも国旗国歌、厚労省

http://jp.reuters.com/article/idJP2017021401001796

<厚生労働省は14日、保育所の運営指針について、2018年度からの改定案を公表し、3歳以上の幼児を対象に、国旗と国歌に「親しむ」と初めて明記した。

 文部科学省が同日公表した幼稚園の教育要領見直し案にも同様の趣旨が盛り込まれた。ただ、保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設であることから、専門家からは「過度の押し付けになってはならない」との懸念も出ている。パブリックコメント(意見公募)を実施、周知期間を経て、18年4月に施行する。指針は「保育所保育指針」との名称で、私立も対象。現行指針には、国旗や国歌に関する記述はない。>


a0034066_08361153.jpg

a0034066_08361269.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23653349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-02-15 22:09 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob