山科区民まちづくり会議 この町で生きる~障害者福祉をめぐる模索~」

2017/2/16(木)

帰って録画した番組を見る。知的障害者の自立支援のためのグループホームのことなど、よく、めくるめく紙芝居のときに聞くので興味深い番組だった。

NEXT 未来のために 「この町で生きる~障害者福祉をめぐる模索~」

<知的障害者など37名が入所する「のぞみの郷(さと)・高社」(長野県)。「社会と分断された障害者福祉を根本から見直すべきだ」と考え、今後3年を目標に施設を解体することを決断した。しかし、地域で唯一の施設がなくなることに家族や地域住民は戸惑いを隠せない。「受け皿がなくなる」「周りとのトラブルを避けるには施設は必要だ」などの声があがっている。「共生社会」は実現されるのか。施設解体をめぐる葛藤を見つめる。>

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017075905SC000/index.html?capid=nol_4_P3356

10時から山科区民まちづくり会議。

区民実感アンケートと客観指標について。

刑法犯認知件数がずいぶんこの5年間で減少していて、11行政区のうちでも少ない方なのだそうだ。

アンケートについては、早速HPで公表されている。

京都市山科区役所:「第2期山科区基本計画」等に関する区民アンケートの結果について http://www.city.kyoto.lg.jp/yamasina/page/0000215061.html

12時から学生部委員会。

13時半からインターンシップ推進委員会(仮称)準備会。

途中で抜け出して部長会。

16時から大学評議会。17時半から学部教授会。






トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23656021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-02-16 21:53 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob