KUTO-10『あたらしいなみ』ウィングフィールド 『岸辺のアルバム』(1977年、TBS)を見出す

2017/3/12(日)

夜は、昨日から見出したドラマDVD『岸辺のアルバム』(1977年、TBS)。山田太一さんの脚本家としての研究を少ししようと思っているのだが、なかなか観られず、ようやくだ。

今日は3話と4話。八千草薫さんはもう抜群の美しさ。竹脇無我さんもこの頃までは健在。

風吹ジュンさんの片思い的アプローチが微笑ましく、山口いづみさんが演じるお金持ちで帰国子女の丘敏子が魔女的役割。

ウイングフィールドへ。

サカイヒロトさんらしい映像、自主映画や映像製作にまつわる物語。

繰り返しが多い。昨日観た『T/IT:不寛容について』も暗いトーンで映像がライブでもあったりして、どこか繋がっている。でもこちらは私演劇なので扱う焦点はぐっと絞られていて。

すこしホール内の温度が高いせいもあるし、内容も悔恨と閉塞に満ちていることもあって、自分も頭痛と歯痛がしていた(たまたまだろうが)。でも外に出るとスッキリ。こういう連動することもたまにあるが、ちょっと最近では珍しい観劇体験だった。

工藤俊作プロデュースプロジェクトKUTO-10 第16回公演『あたらしいなみ』15021618

/サカイヒロト(WI'RE)  演出 /樋口ミユ(PlantM

出演/工藤俊作、久保田浩 (遊気舎)、保、佐々木淳子(劇団太陽族)、石橋和也、うえだひろし(リリパットアーミーII)、大江雅子長橋遼也(リリパットアーミーII


a0034066_07340802.jpg

a0034066_07340944.jpg

a0034066_07340980.jpg

a0034066_07340903.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23714903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-03-12 22:42 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob