リュック・ベッソン『マラヴィータ』

2017/7/20(木)

帰って観た映画。

リュック・ベッソン『マラヴィータ』2013年、112分。予想以上に面白かった。

ロバート・デ・ニーロ

ミシェル・ファイファー

トミー・リー・ジョーンズ

<ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィア一家と現役マフィアとの対立を、製作総指揮マーティン・スコセッシ、監督リュック・ベッソンで描くクライムコメディー。FBIの証人保護プログラムのもとで偽名を使い、世界を転々とする元大物マフィアファミリーがマフィアの雇った殺し屋グループとの壮絶な戦いを繰り広げる。主人公の妻役にミシェル・ファイファー、一家を監視するFBI捜査官役でトミー・リー・ジョーンズが共演。一家が見せる豪快で息の合ったアクションはもちろん、スコセッシとデ・ニーロが組んだ『グッドフェローズ』をほうふつさせるシーンなども見どころだ。>

近大の最後の授業。

遅かったが、これからも有名劇団、メジャー劇場以外の演劇を見てもらおうと、公演情報サイトを告知。これは、結構、反応があった。

お薦め演劇・ミュージカルのクチコミは、CoRich舞台芸術! http://stage.corich.jp/

fringe | 小劇場演劇の制作者を支援するサイト。「芝居」を「公演」にするのが制作者である。 http://fringe.jp/

Daily Fringe Guide Osaka :: Top

[デイリー・フリンジ・ガイド大阪]関西の小劇場演劇を中心に 公演情報をお知らせします

http://www.dfgosaka.com/


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237251453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-07-20 22:20 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob