めくるめく紙芝居P、ハロルド作石『7人のシェイクスピア 』1~3

2017/8/6(日)

15時からめくるめく紙芝居プロジェクト。

NPO法人わくわくにて。

会議室なので、どうしても、お話会のようになるが、今回は私とるかッペが知らない方(そのほかのメンバーはよく知っている)が多く、自己紹介プラスアルファ(いま興味のあることとか失敗したこと)をしてたら、90分を過ぎていた。

居場所づくりとしてはなかなかにいいのかも知れない。

慣れない障害者はすこし早く帰る。いろいろな障害のある人と一緒にいられるとてもいい機会なので、ゼミ生などが参加すると貴重になるのだが・・

一番話題になったのは、消えたピタパもあったが、なんと言っても太極拳。

ヘルパーさんに太極拳をしている人がわんさかいる。

あみんの「待つわ」(1982)などで、メック太極拳の開発は?という具体的提案あり。

劇場文化論に役立つかなと思って買っていて、いまごろ読む。

いやあ、なかなかにおもしろい。早速続きを購入することにしたが、第6巻が本やクラブにない。とりあえず、それ以外を買うことに。生協から来たら、また考えよう。

ハロルド作石『7人のシェイクスピア』 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 13巻(201011,小学館)

<史上最高の劇作者にして詩人。現代の英語を作り上げた男とも言われるシェイクスピアとは、いったい誰だったのか?文学史上最大の謎に、『ゴリラーマン』『BECK』で二度 講談社漫画賞を受賞した希代の超実力漫画家・ハロルド作石が挑む!!歴史の闇に見失われた真実"の物語。本当のシェイクスピアを、世界はまだ知らない!!

110

主な登場人物/ウィリアム・シェイクスピア(『ハムレット』『マクベス』『リア王』『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』数々の戯曲を残し、今なお世界中を魅了し続ける史上最高の劇作者。しかして、その正体は?) リー(シェイクスピアの栄光の陰に存在していたと思われる女。中国系イギリス人)

あらすじ/エリザベス朝時代のイギリス。名声高い劇作家ウィリアム・シェイクスピアの陰には、リーという女がいた。リーは明時代の中国に生を受ける。少女時代、全てを言い当ててしまうために周囲から疎まれ、ついには父に喉を焼かれてしまう。その後、イギリスはリヴァプールのチャイナタウンに移住するが、そこでも予言の力から黒い女神"と呼ばれることになる

時は1587年。イギリス・リヴァプールに栄えた中華街(チャイナタウン)は、嵐に飲み込まれ消失した。予言など不思議な能力を持ち、全てを言い当てるためチャイナタウンで黒い女神"と呼ばれたリーも、川の氾濫で流されてしまう。

そして流された先で、リーはある男"に助けられる世界の歴史を変える運命の出会いだった!!

史上最高の文学者と呼ばれる男、W・シェイクスピアとは誰だったのか!?

シェイクスピアの失われた年月"を描く!

BECK』『ゴリラーマン』で二度講談社漫画賞に輝いた実力漫画家・ハロルド作石が初めて歴史物語に挑み、あのシェイクスピアの正体に迫る!!待望の第3!!

記録の存在していない7年間、シェイクスピアは一体何をしていたのか!?

片田舎の教養のない青年・シェイクスピアが、7年後にはロンドンで偉大な詩人となっていた。その間、彼がどこで何をしていたのか、記録は一切 残されていない。しかし、この失われた年月"と呼ばれる7年間こそが、実は天才劇作家を育んだ季節であった

謎の女・リーとの出会い、処女作「オデット」上演シェイクスピアの歴史の空白を埋める!!


a0034066_08275126.jpg

a0034066_08275298.jpg

a0034066_08275359.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237473574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-08-06 22:25 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31