文化芸術基本法 逢坂剛『幻の翼』『配達される女』 エディ・マーフィ『ビバリーヒルズコップ』『ビバリーヒルズコップ2』

2017/8/8(火)

4回生の卒業研究指導。

小劇場演劇とその社会性、公共性を扱うと言うので、文化芸術基本法などを打ち出しておく。

しかし、今年の文化芸術振興基本法の改正によって「振興」がとれたこの改正について、あまり話題になっていないようなのがすこし寂しい。

文化芸術基本法<第193回国会(常会)において成立した「文化芸術振興基本法の一部を改正する法律」が,平成29623日に平成29年法律第73号として公布,施行されました。

改正法の概要及び条文等は,以下のとおりです(青字の部分にカーソルを合わせてクリックすると,内容を見ることができます)。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/shokan_horei/kihon/geijutsu_shinko/

年金の書類を無事、事務局に提出。

何となくひとまず仕事が片付いた気分がして早く帰る。一つメールの返事がないのがちょっと心配だが。

娯楽物。逢坂剛『配達される女』(集英社文庫、2004年、2000年単行本)は、軽ハードボイルドと呼ばれるようだが、今夜観た、マーティン・ブレスト『ビバリーヒルズコップ』(1984年、105分、パラマウント映画)、トニー・スコット『ビバリーヒルズコップ2』(1987年、103分、パラマウント映画)も同じような分類の映画だろうか。2の方から観たが、悪役だがブリジッフォ・ニールセン演じる女性がかっこよかった。エディ・マーフィは楽しいが少し騒がしい。だからハードボイルドではないか・・・

逢坂剛ではやっぱりこっちがかっこいい、『幻の翼』(集英社文庫、1990年、1988年単行本)。前作を読んでいるのでそんなには複雑でなかったし続きが読みたくなって仕方がない。


a0034066_07315838.jpg

a0034066_07315834.jpg

a0034066_07315924.jpg

a0034066_07320080.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237493149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-08-08 22:16 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31