京都橘大学入学式ともろもろの校務

2017/4/1(土)

入学式。

初めて二部制。820からの辞令式。部長会メンバーが全員出るのは大変。

入学式も、学生部長として2つ出てもまあ意味があるのかどうか議論の余地あり。

吹奏楽もよくやってはいたが、やっぱり卒業式とは違うものも聞きたかったかも知れない。

学生歌のキーが自分的に低いと感じたのは歳のせいかも。

いかに効率的にやっていくのか、でも大事なところは手厚くするか。すべてにいろいろ課題。当面は、インターシップ推進委員会がまずまずの発進なので(もちろん一つ新しいもので課題が出ていたのだけれど)、次はボランティアの委員会を蘇らせてボランティアセンター化をどう地域連携センターとのリエゾンを通じてやっていくかだな。

桐野夏生さんが苦手なエッセイを読み終えて『ハピネス』へ。タイトルを見て多分それの裏腹の世界かと予想していて、まずはそういう序盤。

夕方、大学院はどうなるのかとは思いつつ、新しく入った二人の先生と食事。
僕よりも自治省の後輩などの情報をよく知っている先生にはびっくり。採用過程に問題点も発見。
鮎味亭。学生向けの量重視だが安いと思う。あとはいつもの山科椥辻ミュージックサロンYOSHIKAWA
a0034066_09463981.jpg
a0034066_09465741.jpg

a0034066_09472896.jpg
a0034066_09474928.jpg

トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23763845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-04-01 21:39 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob