道尾秀介『ソロモンの犬』 新潟駅前散歩

2017/9/10(日)

10時まではフリー。新潟駅前から、萬代橋をわたってぶらぶら。

http://30d.jp/kogurenobo/5

帰りはバス。10時から15時まで、父母懇談会。新潟県の人たちばっかり(東京の昨日は、東京の人はいなかった)。

東京駅の乗り換えが人が多くちょっと茫然となった。

読んでいた小説。

道尾秀介『ソロモンの犬』(文春文庫2010年、単行本2007)

動物学。獣医学部なんだろうか・・・動物行動学(ローレンスなど)は昔ずいぶん興味を持っていたことを思い出す。

<秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。彼らが通う大学の助教授、椎崎鏡子のひとり息子で10歳だった陽介が、目の前でトラックにはねられ、命を落としたのだ。連れていた飼い犬、オービーが暴走し、引きずられた果ての事故。

だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は、動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。オービーの奇妙な行動の原因はどこにあるのか? 秋山が密かに思いを寄せる智佳の胸のうちにあるのは? 陽介の死は、ほんとうに事故だったのか?議論を重なる彼らには予想不能な結末が待っていた……。もどかしい恋と事故への疑念が交錯し、青春の滑稽さ、悲しみを鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。>

a0034066_10530868.png

a0034066_10531068.png

a0034066_10531109.png

a0034066_10531299.png

a0034066_10531387.png


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237735400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-09-10 21:29 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob