桐野夏生『ハピネス』  近大の授業(劇場文化論、アートプロデュース論A)の始まり

2017/4/6(木)

近畿大学文芸学部へ。

はじめての文化デザイン学科劇場文化論。52名。ただ、3名は芸術学科の舞台芸術コースの学生だった。

驚いたのは、1040始まりだったのが、今年度から1045始まり担っていたこと。

あと3限目は、京都橘大学は13時始まりだが、こちらは1315始まりで、残っている芸術学科アートプロデュース論Aを今年度は続けてすることに。ただ、教室がなくて、彫刻などをする部屋。これは校舎が替わっても普通の教室にしてもらうことにする。26名。


クイズによる導入はまずまず。ただ、3限目に指摘されたのは、「△」はダメと言うもので、確かにこれはやめてしまおうと少しだけ作り直すことに。

読み終わった桐野夏生『ハピネス』(2016年、光文社文庫、2013年単行本)。

これは、30歳代の女性雑誌『VERY』に連載されたもので、今は、この続編みたいな『ロンリネス』が同じ雑誌に連載されているそうだ。

解説(斎藤美奈子さん)が分かりやすい。

彼女によると「タワマンとその周辺が世界の全てで、ママ友たちとの関係を中心に回る生活。/それが有紗の表向きの顔である。けれども、彼女には人にはいえない秘密があった。ひとつはアメリカにいる夫に離婚を迫られていること、もうひとつは俊平(いまの夫)と出あう前の離婚歴で、現夫との不和の原因も、そもそもは彼女の過去に由来するのだった。」

[参考]

VERY妻に憧れる人に読んで欲しい物語-桐野夏生』 http://ameblo.jp/nrm321nrm/entry-12133690142.html より

<このタワーマンションに暮らす専業主婦の有紗は、娘の花奈と二人でタワマン生活を謳歌している。夫は海外に単身赴任しており、有紗の実家は新潟と遠い。何かあった時に頼りになるのは同じタワマンに暮らす「ママ友」たちである。
登場するママ友は全員で四人。いぶきちゃんのママ、芽玖(めぐ)ちゃんのママ、真恋(まこ)ちゃんのママ、美雨(みう)ちゃんのママだ。ママ友たちは「いぶママ」「美雨ママ」と子どもの名前+ママの通称で呼ばれ、ママ友たちの本名は物語内でほとんど明かされない。全員が同年代の女の子の子どもを持つママである。
このタワマンは「BWT(ベイウエストタワー)」と「BET(ベイイーストタワー)」の二棟が建ち並ぶ。見晴らしが良く人気があるのはBWTである。BWTのなかでも西南四十七階の一等地に住んでいるのがママ友グループのリーダー格「いぶママ」だ。
元CAのいぶママは、カルティエのエンゲージリングが似合うセレブ妻だ。
センスがあり、社会経験もあることからママ友たちのまとめ役となり、主にいぶママが子ども連れ集合を呼びかける。
有紗はママ友達とのお茶べりを楽しむ反面、見栄をはって小さな嘘を付く自分を苦々しく思っていた。
有紗はBETの住人であり、分譲ではなく賃貸で住んでいる。それが有紗に劣等感を抱かせ、見栄をはらせる原因になっていた。
いったん「センスの悪い家」とか、「手抜き主婦」「ダメママ」の烙印を押されたら、引越しでもしない限り、その烙印が消えることはない。家事手抜きのだらしない主婦、と。それでも男の子がいる家はまだ許される。男の子が乱暴で散らかす、と言えばいいのだ。女の子の家は反対に、決して手抜き家事をしてはならないのだった。むしろ、料理や掃除などの家事が好きで、手作りの菓子を始終作っているような母親でなければならない。(69頁 第一章 タワマン)
タワマン暮らしができるだけでも十分恵まれているはずなのに、より高みにいるママ友達に囲まれ、有紗は劣等感にさいなまれ自信を無くしていく
しかし、ママ友グループにはタワマン暮らしでないママもいる。美雨ママはタワマンの隣のマンションに暮らしており、タワマン暮らしのママたちと比べると庶民的な生活をしている。美雨ママは「江東区の土屋アンナ」と比喩されるほどの美貌の持ち主であり、リーダー格のいぶママにも臆することなく接するため、有紗は美雨ママに圧倒されっぱなしだ。
五人で構成されたママ友グループはうわべではとてもキラキラしたグループだが、有紗の内面は羨望と見栄と嫉妬が渦巻いている。小さな嘘を重ねつつ、有紗はママ友達、特にいぶママに嫌われないように苦悩の日々を送るのである。
この物語ではママ友という人間関係ならではのしがらみが「リアル」に描かれていて、その「リアル」さに戦慄する。>
a0034066_07160068.jpg
a0034066_07170238.jpg

トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23775773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-04-06 22:50 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob