小暮はなとロケットマツの大阪京都行脚2017第一夜@大阪 音凪

2017/9/16(土)

昨夜来たはなと大阪へ。

今日は大阪、明日、明後日と京都でのライブである。

16時からリハなので、天満橋駅から南森町駅へ。できるだけ雨に濡れないようにアーケードを通って、音凪さんへ。一つ南の筋が大阪楽座事業をしているときにしばしば通ったフジハラビルだった。

天神橋商店街にチンドン隊が待機していたのをちらっと見ていたんだが、ちょうど、天六の宣伝で北上、すこし着いていく。まあ、ずっと着いていくと恥ずかしいので、天神さんに参ったり、天満天神繁昌亭の前を見たりする。

信号を渡ると熟年の男女が懐かしい曲などを歌っている。

68回目(月一のようだ)、南森てんこもりライブ。のどかに座っている。

この商店街には珈琲屋さんがかなり多く、けっこう賑わっている。雨だからかもしれないが。

あと天牛書店はじめ古本屋さんもいくつかあって、18時までの時間をこの商店街は有意義に使わせてもらえる。道尾秀介の文庫本とかゲット。

とはいえ、すこし疲れたので、ギャラリーでコーヒーもいただけるサロンモザイクで一服。

音凪さんのことはご近所だからよくご存知で、足田メロウさんは、ペインティングはもとより陶芸もチョー可愛いのでご存知なのはもちろんですが、ロケット・マツさん、パスカルズも知ってはって(こちらは作家の人のほうだったかな)、この小暮はなという人も有名ですか?と聞かれてしまったw

18時開場、20名でぎっしりのところもう少し入ったか。予約以外の人が入られず、ちょっともったいないなとは思いつつ。

すだちモヒートも特別に。19時すぎにはじまり、1曲のアンコール入れて2120分終了。そのあとも結構残ってはる人たち。CD(『AZUL』)も結構出る。そうそう、アマゾンのレビューですばらしいCD評が7月にアップされていた。ゴンチチさんのラジオでの紹介のおかげだろうなとのこと。今日も放送の効果が出ていた模様。

1)くれがた(竹下夢二作詞、坊田かずま作曲)

2)続いて、アンドリーニャ。ロケット・マツさんが私の目の前なので、丁寧にマンドリンを弾いてはるのが印象的。

3)アヴィア。AVIA。石畳に座る目の見えないおばあさん。けっこう、シーンとした世界になってくる。1974年のポルトガルの戦争のことなどMC。マツさんトンボのアコーディオン。

4)モヒート。MOJITO、ポルトガルが続く。

5)ファドは全部で5曲。別れのバラード。大学の町ならではとはな。はじめは、コインブラのもの。でも、リズボンではコインブラのセレナーデとか言われているとか。Balada da despedida

6)これは、リスボンの伝統的ファド。鮮やかな人生。伝統ファドの種類は180種類もあって、新しく詩を披露する時に、その一つを使うのだそうだ。ファドの命は人と違うことで、メロディもすこし個性的に変形することもよくあると専門家の方にあとで聞く。

7)アマリア・ロドリゲスが歌って有名になった黒いはしけ

8)前半の終わりは、はなのオリジナルに戻って、ホタルの庭で。

休憩。丸なすとズッキーニの料理と赤ワインを頼む。

9)再開は、ロケット・マツさんのピアノ(キーボードでも結構強弱をつけていてさすが)。途中からメロディオンも右手で。そのためにメロディオンをテープで固定していた。このときは、メロウさんも聞き入っていておやすみ。マツさんがどんな絵を描いてくれたかとあとで尋ねていておかしかった。

10)初恋。はなのたたみやさんの初恋のMC、暖かい春の風、はずかしいジャスミンの香り。後半はキーボードでの参加が多いマツさん。ケンハモ(鈴木楽器のメロディオンだったような)を両手で弾くのはアンコールのときだったかな。

11)一羽のカモメ。AZULという言葉が歌詞に登場するし、今日は、CDの最後の「かもめの住む街」はなかったので、こちらでカモメを味わうことに。若干、日本におけるファド的歌謡の感じがするかも。

12)後半は2曲のファド。麗しのリスボン、または若いリスボンの少女たち。Lisboa menina e moça

13)カント・ウ・ファド。Canto o Fado 一緒にちょっと歌えるのがなかなかにいい。そう言えば、珍しく手拍子という曲、前は、はなにもあったなあ。

14)わたしはビンビンビン。2010年発表。CDには入っていないが、いま聞いても古くないなと思えてよかった。ロケット・マツさんもコーラス参加。

15)タンポポのように。しみじみ。

16)アンコールで、おかっぱ頭~愛情42~。金子光晴さんの詩に、ヒガシノヒトシさんが曲をつけたもの。

・・・・

小暮はな 9月大阪京都LIVE! http://hanakogure.exblog.jp/26877514/

◎小暮はなとロケットマツの大阪京都行脚2017第一夜

大阪 音凪音凪企画

第一夜、大阪音凪でのライヴです!ずっと歌ってみたいなーと思っていたお店!声をかけていただき、とっても嬉しいです(^^)今回は「AZUL」アルバムにも参加していただいた、繊細さと大胆さ、優しさと狂気、そしてうたごころを兼ね備えた、大好きなミュージシャンロケット・マツさんと共演です!そして、以前から実はこっそりファンでした、足田メロウさんがライヴペインティングをしてくださいます!楽しみ!ぜひお時間がありましたら来てね^^

日時:2017916()

開場1800 開演1900

チャージ¥2500+1ドリンク(別途要) お食事メニューも取り揃えております。

会場 音凪(最寄駅 天満宮)

大阪市北区天神橋1丁目14-4友愛ハイツ1F

TEL 06-6353-8515

http://yaplog.jp/otonagi2011

出演:小暮はな(vo.g) http://hanakogure.com/

ロケットマツ(Mandolin,Acco etc) https://twitter.com/rocketta7

ゲスト:足田メロウ(Live painting) http://ashidamellow.web.fc2.com/

a0034066_12310065.jpg

a0034066_12310357.jpg

a0034066_12310593.jpg

a0034066_12310696.jpg

a0034066_12310735.jpg
a0034066_12320944.jpg

a0034066_12321161.jpg

a0034066_12321237.jpg

a0034066_12321329.jpg

a0034066_12321514.jpg
a0034066_12333176.jpg

a0034066_12333437.jpg

a0034066_12333651.jpg

a0034066_12333861.jpg

a0034066_12334063.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237760744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-09-16 22:28 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー