『青春舞台2017』Eテレ

2017/9/27(水)

2限目、旧カリの4回生だけの授業、舞台芸術プロデュース論。こういう科目は今年度までというのも寂しい。

13時からは、3つの会議。学生部委員会での議論はかなり熱気があった。でも、学生部委員の多くが若い職員さんが作成した6ポイントぐらいの小さい字に困っていて、私も結局、メガネを外す。それ以降は学部長の方が大変である。

帰って、録画していた高校演劇の全国大会の模様。今年度は青森中央高校は出ていなかった(昨年度を見たら、優秀賞だった)。「アルプススタンドのはしの方」は関西弁で、同じ甲子園(を目指す高校野球)ネタである「もしイタ」(青森中央高校)に比べるととても対照的で面白い。一杯の人物に対してこちらは、4名だけ。先生やいたこも出るのに対して、高校生4名のみ。等身大、しかも演劇部の二人は自己言及的。結構笑いが取れていたが、けっこう寂しい現実からの出発、自己弁護からの抜け出し。

演劇とは、見えないものを見せるというような説明にぴったりなのは、幽霊や妖怪、そして人の心の中なのだが、それを臭くなくどうやって表現するか。少しだけ紹介されていた舞台を見つつ、結構面白い営巣だった。

『青春舞台2017Eテレ 2017-9-9 120分。

<第63回全国高等学校演劇大会(宮城大会)

最優秀賞受賞校に輝いた兵庫県立東播磨高等学校「アルプススタンドのはしの方」の上演及び全国大会の様子>

2017年の夏、宮城県仙台市で開催された、第63回全国高等学校演劇大会。演劇甲子園とよばれ、全国2100校の中から選ばれた高校の演劇部12校が集い、高校演劇の頂点を目指す。高校生たちの青春をかけた熱き夏に密着。全てをかけて舞台を創り上げて行く姿をドキュメントすると共に、大会の裏側や、12校の舞台を紹介。また、日本一に輝いた最優秀校の舞台を、ノーカットでお届けする。【ナレーション】永野芽郁>

http://qq4q.biz/G8CH より

63回全国高等学校演劇大会(宮城大会)審査結果一覧

最優秀賞 アルプススタンドのはしの方 作:籔 博晶 兵庫県立東播磨高等学校

優秀賞

(上演順)

流星ピリオド 作:コイケユタカ 埼玉県立秩父農工科学高等学校

白紙提出 作:磯前 千春 茨城県立日立第一高等学校

HANABI 潤色:吉澤 信吾

(竜史作「文化祭大作戦」より) 沖縄県立向陽高等学校

優良賞

(上演順)

煙が目にしみる 作:堤 泰之 千葉県立八千代高等学校

どうしても縦の蝶々結び 作:林 彩音・村端 賢志 徳島市立高等学校

ストレンジスノウ 作:安保 健+名北演劇部 宮城県名取北高等学校

警備員 林安男の夏 作:螺子頭 斬蔵 明誠学院高等学校(岡山)

-サテライト仮想劇-いつか、その日に、 作:矢野 青史 福島県立相馬農業高等学校飯館校

彼の子、朝を知る。 作:白梅かのこ 岐阜県立加納高等学校

学校でなにやってんの 作:北見緑陵高校演劇部 北海道北見緑陵高等学校

Love & Chance! 翻案:稲葉智己

ピエール・ド・マリヴォー作

Le Jeu de l'amour et du hasard」より 埼玉県立新座柳瀬高等学校

舞台美術賞 -サテライト仮想劇-いつか、その日に、 福島県立相馬農業高等学校飯館校

創作脚本賞 林 彩音・村端 賢志 どうしても縦の蝶々結び

内木文英賞 北海道北見緑陵高等学校

[参考]

栄冠は君に輝く!東播磨が全国初出場で最優秀賞!! | ゲキ部! -Official Site- http://gekibu.com/archives/4749


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/237804331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-09-27 22:14 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー