和田誠『麻雀放浪記』

2017/12/19(火)
いやあ、この時代でもモノクローム。意図的だが実にいい感じ。録画していた映画、『麻雀放浪記』鑑賞。
BS12とかで加賀まりこ特集ということで拾ったが、なかなかにいい映画だった。最愛の大竹しのぶが出ているということもあるが、若いときの加藤健一さんに出会えるだけでも、DVDを買おうという気になる。

和田誠『麻雀放浪記』1984年、109分。製作:東映、角川春樹事務所。
監督 和田誠 脚本 和田誠・澤井信一郎 原作 阿佐田哲也 製作 角川春樹
< 阿佐田哲也の同名ベストセラーを基に、イラストレーターの和田誠が映画化し監督デビューを飾った作品。戦後の東京を舞台に、麻雀に打ち込む若者が、様々な勝負師との出会いを通して成長していく姿を描く。敗戦直後の上野。青年・哲は、ある日、以前バクチを教えてくれた上州虎と偶然会う。虎に連れられチンチロ部落に足を踏み入れた哲は、なけなしの金でプロのバクチ打ちであるドサ健の張りにノッた。おかげで相当勝ったが、その大半をコーチ料としてドサ健にとられてしまう……。>
坊や哲:真田広之
ドサ健:鹿賀丈史
女衒の達:加藤健一
上州虎:名古屋章
出目徳:高品格
八代ゆき(オックスクラブのママ):加賀まりこ
まゆみ:大竹しのぶ
おりん:内藤陳
禿げ:篠原勝之
角刈:城春樹
鉢巻:天本英世
荘家:逗子とんぼ
鈴木:笹野高史
テディ:鹿内孝
北家:宮城健太郎
夜の女:香野麻里
おかみさん:山本緑
出目徳の妻:松浪志保

ウーマンラッシュアワーの漫才を見る。
面白い。https://twitter.com/cleanly0907/status/943033001813749760

制服向上委員会の動画を久しぶりに見る、3人に減っている。
http://www.idol-japan-records.net/ski/
吉岡里帆ちゃんが「意識高い系」とか揶揄されていて、こっち(ウーマンとか制服とか)に抜ければ、出過ぎた杭は抜かれないになるのだが・・・
「出ない杭は腐る」というのも面白い新ことわざ。

トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/238096795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-12-19 22:14 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob