髙樹のぶ子『彩月 季節の短篇』 『子どものための雅楽 雅楽ってなあに?伶楽舎』

2017/4/17(月)

3つの演習。

3回生ゼミは昨年からグループ学習を初めたが、今季はこれを全面に。

特に意識したのは、外部へのアプローチ。なんとかうまくいきますように。

まずは、京都市への挑戦。5月上旬締め切り。そのあとは京都府の文化ベンチャーだ。

2回生ゼミ生が、子ども食堂のボランティアについて聞いてくる。

5/13が若人のそれだ。16時から準備。

メックにも来て欲しいが。

帰って、DVD『子どものための雅楽 雅楽ってなあに?伶楽舎』を見る。映像でまず一番古い伝統芸能を教材に。

http://reigakusha.com/home/sellcd

<1000 年の歴史を持つ日本の伝統音楽「雅楽」を、子どもたちに親しんでもらうためのDVDです。雅楽の古典曲や楽器の紹介、舞楽や正倉院復元楽器、現代曲まで、雅楽の いろいろな側面を、 判りやすくコンパクトにまとめました。教材にも最適です!また、子どもだけでなく、大人の人に も雅楽入門として楽しんで頂けるDVDです。全編再生(36 )や各 チャプターから鑑賞出来ます。国内外で活躍する伶楽舎ならではの、他では見ることの出来ない新規撮影、特別構成盤です!>

ゆっくり12篇を読み終える。しみじみする味わい。明るくないがどこかツーンと鼻の奥がするものもある。

髙樹のぶ子『彩月 季節の短篇』(文春文庫、2002年、単行本は1997年)。

『彩月 季節の短編』高樹のぶ子 | 単行本 - 文藝春秋BOOKShttp://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163171500

<担当編集者より

「雛送り」「五月闇」「青北風(あおぎた)」……なんのことかおわかりですか。実はこれ、俳句歳時記にある言葉なのです。恋愛と官能を描く長篇で女性作家の第一人者と評される高樹さんは、昨年度(1996)の女流文学賞を受賞した『水脈』でもわかるように短篇の名手でもあります。『彩月』は歳時記から言葉を取りながら自由にイメージを飛翔させたスリリングな短篇集。生命の不思議さ、色濃い性の関わり、人生の哀感などキリッと仕上げられた十二の短篇が、十二人の主人公の人生を浮き彫りにしてくれます。(TA)>

雛送り、月日貝、端午、五月闇、河骨、鰻、青北風、南瓜、茸、夜神楽、寒茜、鬼火

参考

高樹のぶ子-芥川賞受賞作家|芥川賞のすべて・のようなものhttp://prizesworld.com/akutagawa/jugun/jugun90TN.htm

「光抱く 友よ」(『新潮』昭和58/198312月号)


a0034066_21141307.jpg

a0034066_21141479.jpg

a0034066_21141447.jpg

a0034066_21141566.jpg

a0034066_21141559.jpg

a0034066_21141646.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23822132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-04-17 22:50 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob