ビル・コンドン『ドリームガールズ』

2017/4/26(水)

もうすぐ5月。ちょっと先週半ばまで、ハイ状態だったようで、この1週間はその反動がきたように思う。まあ、なんとか乗り切りそうだ。65kgに戻すのは道半ば以下だけど(笑)。

イベントデザイン演習はグループワークなので、うちのゼミ生(3回生)の中には、2回ゼミをしているようだという学生がいるが、どうも嫌ではないようなので安心する。

学生部委員会のあと大学評議会。

そのあと、新しい単位取得型のインターンシップの文章のチェック。

そうそう、大学生が50周年ということで、K山くんから、3日間になるので、そのためのファンドレイズなどの相談あり。

ビル・コンドン『ドリームガールズ』。とてもおもしろく、しかもショービジネスにおける芸術営的にも見応えがあったなあ。ミュージカルそのものもブロードウェイで観たいと初めて思ったぐらい。

モータウンレコード、スプリームスの3人組。ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラード。ダイアナ・ロスしか知らないけれど・・・モータウンは、デトロイト市だからか。1960年にできた。そう言えば、モデルがスプリームスのザ・ドリームズとビートルズとのツーグループショットがあったりしていた。

ビル・コンドン『ドリームガールズ』2006年、131分、ドリームワークスSKG/パラマウント。

<ブロードウェイの大ヒットミュージカルを「シカゴ」の脚本を手がけたビル・コンドン監督が映画化。モータウンによってブラック・ミュージックが白人文化へと広く浸透していった60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを背景に、女性ボーカル・グループが辿る波瀾万丈のサクセスストーリーを豪華なキャスト陣で華麗に綴る。主演はビヨンセ・ノウルズと「Ray」のジェイミー・フォックス、共演にエディ・マーフィと新人ジェニファー・ハドソン。

 1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナの3人は音楽での成功を夢見てドリーメッツというグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。中古車販売会社のカーティスはそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、マネジメントを買って出る。そして、地元で抜群の人気を誇るジェームズ・アーリーのバック・コーラスに抜擢されると、彼らのパワフルなステージはデトロイトのみならず全米中の注目を集め、一躍スター街道を歩み始めるのだったが

allcinema>>

<エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループドリーメッツを結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・サンダー・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……。>

<黒人のレコード・レーベル、モータウンの伝説的な黒人女性グループ・スプリームスのメンバー、ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードがモデル。メアリーの自伝“Dreamgirl: My Life As a Supreme”がベストセラーになり、『ドリームガールズ』としてブロードウェイで上演された。>

脚本 ビル・コンドン

原作 トム・アイン

製作 ローレンス・マーク

共同製作

デヴィッド・ゲフィン

製作総指揮 パトリシア・ウィッシャー

出演者

ジェイミー・フォックス

ビヨンセ・ノウルズ

エディ・マーフィ

ジェニファー・ハドソン

音楽 ヘンリー・クリーガー

a0034066_07523472.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23843918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-04-26 21:49 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob