DVD『時間ですよ』1971年放送

2017/5/2(火)

1限目、公共政策入門。64名。

細書の入門部分終了。

大きな数字を素早く読む、西暦と元号の変換、111省、特別区と政令指定都市などなど。

校務をして、5連休へ。

いま録画している再放送の『外科医 鳩村周五郎』を観る。主役は、「2時間ドラマの帝王」と言われたという堀越英一郎。

そして、買っておいたDVD『時間ですよ』の第31話と第32話を観た。1971年放送のもの。第2シリーズとされているもの。

なにせ、この『時間ですよ』は1965年から始まっていて、俳優さんはもとより、脚本家も監督もいろいろな変遷がある。

観たものでは、お父さん役が船越英二。英一郎となんとなく似ているが、かなり弱々しい夫として、森光子のお母さんを際立たせている。

まだ悠木千帆だった樹木希林。若いし、結構可愛いのになあとか思って観ている。

天地真理、堺正章。そう言えば、かまやつひろしさんがなくなって堺さんが司会、ザ・スパイダース復活という追悼式をしていたと言う。

時間ですよ(第1シリーズ〜第3シリーズ)
東京・五反田で銭湯「松の湯」を経営する松野家を中心としたホームドラマ。松野家の後継問題を描く一方で堺正章、悠木千帆(のちの樹木希林)、各シリーズのオーディションで選ばれた新人(順番に川口晶、西真澄、浅田美代子)が演じる従業員の「トリオ・ザ・銭湯」が何の関係もないギャグを連発する。>

2シリーズ
脚本:小松君郎、松田暢子、柴英三郎、向田邦子
音楽:山下毅雄
演出:砂原幸雄、高畠豊、竹之下寛次、伊藤勇、山泉脩、片島謙二、久世光彦 ほか
プロデューサー:須子信仁
出演:
松野まつ(森光子)
松野芙美(松原智恵子)
児島浜子(悠木千帆)
福井サチコ(西真澄)「松の湯」の従業員。
マリ(天地真理)「松の湯」の隣に住む。洋裁の学校に通っている。
トミ子(紀比呂子)元「松の湯」の授業員。現在はラーメン屋で働いている。
宮崎健(堺正章)
松野一郎(松山英太郎)
松野祥造(船越英二)
亀井徳一(江戸家猫八)

a0034066_08504964.jpg

a0034066_08505075.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23856781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-02 22:55 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob