『バー弓子vol.8〜8度目のkissは終わらない夢の始まり〜』京都アバンギルド iaku エダニク ☓太田信吾(映画監督)

2017/5/5(金)

『バー弓子vol.88度目のkissは終わらない夢の始まり〜』京都アバンギルド。ぎっしり。立ち見も。なにせ出演者(ホステス、ホスト)だけで17名やしね。

19時から175分と告知あり。でも22時半近くまで、あっという間だったな。

オープニング・・・・いろいろ凝っている。しかし、席の誘導とかけっこう大変そう。舞踏系の引力が強いあつまりやなあと変顔を見て確認。

ウミ下着 (ホストCHISANuggets)・・・ホストクラブの踊りがこんなのだったら、行きたくなるよねえ。ウミ下着さんってラジオをやったり、空堀のまちつかい関係でも活躍したりしているそうだ。

筒井加寿子(加寿子ママ)・・・デュエットしたくなるような、するのが忍びないような。スナックのママの電話対応。演劇関係者が客席にもちらほら・・

佐藤野乃子(ののちゃんママ)・・・体柔らかいなあと安心の前半。後半は、いやあかわゆい。ママの子供やなあ。でも、いいや。1940年の童謡か・・・「りんごのひとりごと」。考えれば舞踏は人間以外になるということやから、リンゴになるのも舞踏なのかも。ケンハモ伴奏・・

AKBU48(振付/センター弓子)

 AKBUANKOKUBUTOHということ。Uが曲者。バック音楽にグループアイドルの曲が全体的に多かったかな?

田村興一郎(たむママ)・・・新潟県生まれの人らしい。ブレークダンスとの繋がりがあるのかな。福祉施設へのアウトリーチなどもしていると言う。

ジョンソンtsu(ツママ)・・・おっと落語の『寝床』をコンテンポラリーダンス披露する迷惑な女社長へと変換。こういうとき難しいのは、下手な踊りと下手なサウンド作りやな。枝雀のDVDに『寝床』あったようななかったような。

休憩

黒子沙菜恵(さなこママ)・・・始まる前から、ティッシュ挟み込んだり、ハイテンション持続。20022月だったか、京都橘女子大学のタフ第一回に出てもらったことをティッシュで突然思い出す。

アミジロウ+今村達紀(ジロウママ+タツコママ)・・・最も、女装が似合わないタツコママ。それがまた面白くて味わいであるのが、コンテンポラリーなのね。

南弓子(店長弓子ママ)・・・私の前の夫婦さんが、弓子さんって、青いスパンコールの綺麗ない人ですか?と聞いていた。今日は確かに特に輝いていた。彼女の魔力で8年間も続いたのよね。

AKBU48研修生(石田安俊、正木悠太、あうんともこ研修生専任講師/竹ち代毬也)・・・最も拍手の熱が強かったかも知れない。てんこりんママのテーブルダンスに匹敵する愛のコール。

野渕杏子(ファッショニスタ杏)・・・動かないことの美しさ。粘りのある人やなあという印象が強い。山田せつ子さんや伊藤キムさんらと一緒にできたというのはとても貴重な経験になっているのだろう。

ヤザキタケシ(ケシママ)・・・入った時、誰か分からなかった一人。60年代歌謡曲はもちろん、山口百恵さんのデビュー曲も歌詞が歌えなかったのが悔しくてたまらない。ぐるぐる腕がめちゃ懐かしく。

シークレットママの映像出演あり!・・・セレノグラフィカのお二人。ひょっとしたら、初めてのビデオ出演かも。忙しいのかなあ。はなのライブありますよって伝わっているのか?

今貂子(てんこりんママ)・・・さすがさすがの大トリである。鍛えているなあ、肌が美しいなあと至近距離で見とれていた。

おもてなしタイム

コール  どちらかで、観客参加のフォークダンス。まるでフォークダンスの定番振付けを知らない私達。

a0034066_08300809.jpg
a0034066_08301659.jpg
a0034066_20361995.jpg

>


昼間、教材研究も合わせて楽しんだ映像(演劇)は、iakuの『エダニク』だった。

iaku エダニク 太田信吾(映画監督) ブルーレイ。

横山拓也議論劇の源流「エダニク」待望の再演!

作:横山拓也 演出:上田一軒 

[出演]

緒方晋(The Stone Age)、村上誠基、福谷圭祐(匿名劇壇)

201663日(金)〜12日(日) 三鷹市芸術文化センター 星のホール

<とある食肉加工センター。ある日、屠室で厳重に管理されているはずの、牛の延髄が紛失。

ここ別屠室の、屠殺用ナイフ研磨室も人の出入りや情報の行き来が慌しくなってきた。この事件をきっかけに、初対面である取引先新入社員と加工センターの職人二人は、屠畜という作業への言及や、企業間の駆け引き、立場の保守など、各々のアイデンティティに関わる問題をぶつけ合い議論を白熱させる。立ちこめる熱気と臭気。

「生」がたちまち「死」に、「生体」が次々と「物体」と化していくこの労働の現場で、男たちの日常は我々に何を問いかけるのか。>


a0034066_09104979.jpg

a0034066_09104912.jpg

a0034066_09105074.jpg

a0034066_09105175.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23862917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-05 22:21 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob