テイラー・ハックフォード『愛と青春の旅だち』 森岡浩『名字でわかる 日本人の履歴書ーなぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか 』

2017/5/7(日)

名字を覚えるのが苦手なので、すこしこれで覚えることが楽しくなるのかも知れないなと思う。

名字が成立したのが平安後期から鎌倉時代(農民などでもそうだと言う)なので、東日本には「田」がつく名字が少ないこと、西日本が多く、かつ画数が少ない事。東日本は姓を使って、都(中央)との関係を示すことが支配に有効だったという話、そして人口密度が少ないので、区別のための名字バリエーションがあまり要らなかったことなど、なかなかに面白かった。

森岡浩『名字でわかる 日本人の履歴書ーなぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか』(2011年、講談社新書)

観終わった録画の映画、『愛と青春の旅だち』、観たことがあるかな?と思ったがはじめてだった。

テイラー・ハックフォード『愛と青春の旅だち』(1982年、124分、パラマウント映画。原題:An Officer and a Gentleman

<頽廃的な生活から脱出すべく、海軍士官養成学校の飛行士課程に志願するザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォーリー。脱落者が続出する13週にわたる激しい教練をこなしながら、同期との友情、芽生える愛、色々な出来事を織りなしながら成長していく青年の姿を描いていく。>

ザック・メイヨ(リチャード・ギア)、ポーラ・ポリフキ(デブラ・ウィンガー)、エミール・フォーリー軍曹(ルイス・ゴセット・ジュニア)、シド・ウォーリー(デヴィッド・キース)、バイロン・メイヨ(ロバート・ロッジア)、リネット・ポメロイ(リサ・ブロント)

奈良教育大学へ。100円の小さな循環バスに乗り、すこし戸惑う。高畑町。

サッカーの随伴。惜しいところだったが、0-0のドロー。佛教大学さんは体格がいい。ボール支配率はずいぶん勝っていたが、向こうの反撃もすこしヒヤッとすることあり。

女子バレーボールは龍谷大学に競りがちしたようで、こちらはなかなかやるなという感じなり。


a0034066_07080293.jpg

a0034066_07080339.jpg

a0034066_07080345.jpg

a0034066_07080467.jpg

小暮はな、レコ発ライブ当日。
a0034066_07095286.jpg


a0034066_07080408.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23867334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-07 21:55 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob