『ロミオとジュリエット』蜷川幸雄演出。藤原竜也&鈴木杏

2017/5/11(木)

2週間ぶりの近大授業。2限目のほうが減少している(6348)。

どちらも、伝統芸能と演芸を合計7つ区別するという時間にした。劇場中心とマネジメント中心という軸心はすこし違うのだが。

帰って、来週のプリント作成後、劇場文化論で使おうと思っている『ロミオとジュリエット』ねたをチェック。蜷川幸雄研究をするという4回生のいるゼミで半分観てもらったもの。DVD、170分。ふたりのインタビュー付録。

しかし、早口だから、台詞がかなり聞き取りにくく、どちらも魅力的な役者さんなのにもったいない感じがする。舞台美術や照明は鮮やか。蜷川幸雄さんに対してはほとんど思い入れがないのは、観たのが数回だからだろうし、商業演劇に行ってから自分が小劇場演劇を見出したからだろう。

『ロミオとジュリエット』蜷川幸雄演出。藤原竜也&鈴木杏

200412/412/28 日生劇場

20051/151/23 シアター・ドラマシティ

※名古屋・福岡・広島・新潟、他で公演

[スタッフ]

作:W・シェイクスピア/演出:蜷川幸雄/翻訳:松岡和子/装置:中越司/照明:原田保/衣裳:小峰リリー/ファイトコレオグラファー:國井正廣/演出助手:井上尊晶/舞台監督:白石英輔

[キャスト]

ロミオ:藤原竜也/ ジュリエット:鈴木杏/ 僧ロレンス:瑳川哲朗/ キャピュレット:壤晴彦/ キャピュレット夫人:立石涼子/ 乳母:梅沢昌代/ マキューシオ:高橋洋/ モンタギュー:妹尾正文/ モンタギュー夫人:スズキマリ/ ティボルト:横田栄司/ パリス:月川勇気/

参考

http://www.moon-light.ne.jp/news/2014/04/ninagawa-romeo.html

<「ロミオとジュリエット」は、蜷川幸雄が初めて手掛けたシェイクスピア作品。

また、松本幸四郎・中野良子出演で19745月に日生劇場で上演された、初めての商業演劇の演出作でもあります。

同作は、本田博太郎・藤真利子出演で、1979年に帝国劇場にて再演。

また、1998年には彩の国シェイクスピア・シリーズ第1弾として、大沢たかお・佐藤藍子の出演で上演。

2004年には藤原竜也、鈴木杏の出演で日生劇場でも上演されています。>


これを観終わったあと、映画『恋するシェークスピア』をすこし観たのだが、ロミジュリの台詞がゆっくりで、字幕があるからだろうが、ずいぶんしっくりくる。日本語でするというのが翻訳物の一番の難題なのかも知れない。


a0034066_07311846.jpg

a0034066_07311917.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23876607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-11 22:34 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob