ベン・アフレック『アルゴ』

2017/5/23(火)

帰って録画していた映画を楽しむ。

ハリウッド映画って上手に作っているものはあっという間に見てしまうなと感心する。

実話にもとづいてすこしずつ変えているのだそうだ。

アメリカが他国の支配のために、屑なトップを作って操作するという話。でも、それを助けないと他の屑トップがいうことをきかなくなるからという身も蓋もない話。わが国はどうか?

ベン・アフレック『アルゴ』(120分、2012年、ワーナー・ブラザーズ)


<イラン革命により、19792月にルーホッラー・ホメイニー率いる反体制勢力がモハンマド・レザー・パフラヴィー国王をイランから放逐したものの、その後国外に亡命したパフラヴィー元国王をアメリカが受け入れたことに反発したイスラム法学校の生徒を中心とした反米デモ隊が、同年11月にテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。
だが、大使館が占拠される直前に6人のアメリカ人大使館員が大使館から脱出し、近くにあるカナダ大使公邸に匿われる。しかし6人が脱出したことを新政府(イスラーム革命評議会)は気づいていなかった。これを受けてCIA秘密工作本部作戦支援部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて、6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させ秘密裏にテヘランから脱出させるという作戦をたてる。>

a0034066_20545893.jpg

ベン・アフレック
ブライアン・クランストン
アラン・アーキン
ジョン・グッドマン
ヴィクター・ガーバー
テイト・ドノヴァン
クレア・デュヴァル
スクート・マクネイリー
ロリー・コクレーン
クリストファー・デナム
ケリー・ビシェ
カイル・チャンドラー
クリス・メッシーナ


公共政策入門は中間テスト。

70名が回答していた。

あとは校務。行政学のプリントをなんとか完成する。

いま気になっているのは、「発議」の発音。学長さんは「ほつぎ」とおっしゃるので、どうも「はつぎ」と発するのに遠慮が出てしまう。どうも、安倍さんも「ほつぎ」派らしい。どちらでもいいのだが、憲法の大昔の授業では「はつぎ」って小林先生言ってはった記憶があり、どうしても「ほつぎ」というと発起人(ほっきにん)ではスムーズなのだが、抹香臭い感じがしてしまうのだなあ。


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23905800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-23 21:20 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob