のんびり、文楽DVD

2017/5/31(水)
授業のあと校務がない。
早く大学を出て、ブックオフで108円の小説を9冊購入。
普通で、ゆっくり読書して家へ。ハヤシライスを一緒に作る。デミグラスソースがなかったので買いに行く。

買っていた、原田久『行政学』(2016年、法律文化社)。余裕が無いとこういう教科書は読む気持ちにならないので。なるほど、制度論、管理論、政策論という構成は斬新だ。

これも余裕があるときに見続けている文楽。仮名手本忠臣蔵の六段目、身売りの段と早野勘平腹切の段。
いつも思うのだが、勘平が死に急ぎすぎだし、助かったはずなのになあとは思うが、実に悲しい。
吉田簑助お女房おかる、良いなあ。
身売りの段は、いまの野澤錦糸(当時は錦弥)、早野勘平腹切の段は、竹本住大夫に野澤燕三。渋いが迫力。

a0034066_07523257.jpg

a0034066_07523267.jpg

a0034066_07523381.jpg


トラックバックURL : http://kogure.exblog.jp/tb/23925368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2017-05-31 22:05 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob