清流劇場SHOWCASE2011 『WOYZECK ver. FUKUSHIMA』

田中さんからメールがきました。
とても興味深い~~でも、いかんせん、いろいろ先約とか補講とか・・・
清流劇場SHOWCASE2011
『WOYZECK ver. FUKUSHIMA』
原作:ゲオルク・ビューヒーナー
上演台本・演出:田中孝弥
演出助手:仲里良
出演:イシダトウショウ/アンディ岸本((劇)COLORS)/全リンダ(創作箱☈『絆(끈)』)/出口勇作/山本拓平(極東第四次産業)
音楽/仙波宏文

会場:スタジオSTR(最寄り駅:JR天満駅/チケット予約された方にのみ地図をお配りします)
公演日程:2011年7月15日(金)19:30
16日(土)15:00/19:00
17日(日)13:00/17:00
入場料金:前売・当日券2,000円(完全予約制)
チケット取扱い・お問い合わせ:清流劇場 E-Mail:info@seiryu-theater.jp
※お名前とお電話番号、日時、枚数をお知らせ下さい。当日、受付にて精算させていただきます。

「ヴォイツェクと、神の火に立ち向かう。」

清流劇場SHOWCASEなるものを企画することにした。いつもの本公演とは異なり、より実験的試みをしたり、勉強会的色彩の強いものにしたいと思っている。久々にビューヒナーの『ヴォイツェク』を読み返してみて、福島原発事故の処理に当たられている方々に思いを馳せた。どこまで、ヴォイツェクと事故処理従事者が重なり合うのか、自分自身まだ未知数だが、「未然に防ぐこと」が演劇の役割だとするなら、再び「大火事」にならぬよう、今の自分の仕事としっかり向き合うつもりだ。  田中孝弥

トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/12991611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2011-06-29 15:16 | お奨め | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob