人気ブログランキング |

伊藤昌亮『デモのメディア論―社会運動社会のゆくえ―』

10/29(火)
1限目の行政学。一番キモのところに来た。
大きな政府と小さな政府、市場の失敗と政府の失敗のところ。民営化の諸相は入り込むと抜け出せなくなるので、ここはゆっくり2回する。そして、11/12(火)にミニ確認テストという段取り。

読みだした本の抜き書き。
伊藤昌亮(まさあき)『デモのメディア論―社会運動社会のゆくえ―』筑摩書房、2012年。
p45(第1章 お祭りデモと日本のプロテクターたち)より引用
<…反原発デモと反韓流デモとの間には思想上・イデオロギー上の立ち位置の違いに加えて、文化資本上・サブカルチャー上の立ち位置の違いが明白にみられる。反原発デモはその成り立ち上、左翼的な思想に基づき、さらに特に新しいスタイルのデモとしてのそれはいわば高円寺系・渋谷系のサブカルチャーに基づいて構成されているものだろうが、一方で半韓流デモは保守的な思想に基づき、いわば秋葉原系のサブカルチャーに基づいて構成されているものだろう。
<しかしこうした明白な違いの一方でデモという行為のあり方そのもの、すなわちネット発のお祭りデモという基本的なあり方は両者の間で共通している>

夜、昨夜と連続してEテレ・ハートネットTVで放送されていた「音遊びの会inイギリス」の録画を確認して視聴。
授業とどう連動されるかをまた考えねば。

◆10月28日(月)20:00~20:29  再放送11月4日(月)13:05~13:34
『即興は世界をつなぐin英国―大友良英と「音遊びの会」 の仲間たち― 第1回 まだ見ぬ音を求めて』
◆10月29日(火)20:00~20:29  再放送11 月5日(火)13:05~13:34
『即興は世界をつなぐin英国―大友良英と「音遊びの会」 の仲間たち― 第2回 同じ地平に立つということ』

平田オリザさんから送られてきた本の冒頭が、宮沢賢治の農民芸術概論綱要だった。
トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/18877039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2013-10-29 23:12 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob