人気ブログランキング |

第8回年の瀬ピクニック「愛と表現のために」、第45回越冬ライブ@釜ヶ崎三角公園

2014/12/31(水)
恒例となった、年の瀬ピクニック「愛と表現のために」。
12:31に大阪市役所集合(出発は少し遅れることが多い)。
2007年からなので、第8回。上田假奈代さんの娘さんも大きくなった。関東あたりからも若い人たちが来ているということ。

http://booksarch.exblog.jp/6579156/ や http://kogure.exblog.jp/6620564 を見ると、第1回は12/30で、ピクニックではなくパレードとなっている。まとめは、こちら⇒ http://matome.naver.jp/odai/2138852657784788201

堺筋にすぐ行かないで、三休橋通りをすこし歩いた。ここの町並みもなかなかいい。大正時代と山科醍醐物語化計画とのクロスについて、山口さんが聴いてくれるので話して歩く。大正銀行に目が行く。そういえば、大阪市の大正区を忘れていたな。日本大正村には一度いかなくちゃいけないと思っている(「日本大正村は岐阜県恵那市にあるテーマパークである。旧恵那郡明智町の町おこしとして構想、立村された。初代村長は高峰三枝子が、2代村長は司葉子が務めた」)。

いつもの到着地点、フェスティバルゲート跡地が、MARUHANになっていた。結局中には入らなかった。娘たちが残していた衣類をすこしココルームへ。

そのあと、越冬ライブ。
15:00釜凹バンド(唄)は終わっていた。ユーストリームであとでチェック。
16:20アカリトバリは、ソーラン節あたりから聴く。
16:50中川五郎(フォーク)は、すこし早くから始まった。

<作家の寮美千子さんが奈良少年刑務所の少年たちが書いた詩を集めて作られた『奈良少年刑務所詩集 空が青いから白をえらんだのです』の中の詩に、よしだよしこさんや白崎映美さん、原マスミさんぼくなどが曲をつけて歌にしたものを録音したCD『ぼくのゆめは…』>からの2曲(言葉、一恵)歌ってはって、ぐーっとくる。

あとで、同じ場所に寮美千子さんがいたことを知る。帰って、正岡子規が亡くなる「坂の上の雲」の13話(たぶん)を見て、録画中の紅白歌合戦を飛ばし飛ばし(和田アキ子と天童よしみはいつも出ているので安心感はある)眺めて、22時半ぐらいには寝床へ。

2014年、割りと平穏な一年だったなあ・・・

a0034066_5135281.jpg

a0034066_5135399.jpg

a0034066_5135475.jpg

a0034066_5135557.jpg

a0034066_5135664.jpg

a0034066_5135678.jpg

a0034066_513576.jpg

a0034066_5135860.jpg

a0034066_5135952.jpg

a0034066_514036.jpg

a0034066_514115.jpg

a0034066_514114.jpg

a0034066_51439.jpg

a0034066_514310.jpg
a0034066_8151351.jpg

トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/20623451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2014-12-31 22:12 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob