人気ブログランキング |

『また愛か』京都芸術センター

015/10/29(木)

いつも調子よくいく日ばかりではない。

今日はそんな秋の日だった。

2限目の準備をしていると事務から電話。思いがけないダメ出し。

気分を変えて教室へ。ミニテストは無事終了。けっこう勉強してくれている。

残りは気楽にダンダリン、とおもいきや、また、映像機器トラブル。

まあいいかとすこし早かったが終了。あとで、4回生アルバイトが来てくれて、結局、一度すべて電源を切ってからやり直すと直っていた。今度はこうすればいいんだが、ちょっと余裕がなかったかな。

書類をもう一度作って出す。

採点も終了。

京都芸術センター、フリースペースへ。

18時すぎから21時前まで。

『また愛か』作・演出:山﨑彬。

藤原大介さんが味わい深い演技・・素敵な中年というと語弊があるか・・犯罪者であることの辛さが軽さも伴って説得力あり。

加害者家族の問題が悲劇の一つとして出ていたのはよかった。

別の女と寝ているときに、自分の娘が亡くなるという話を、たまたま、遠藤周作『男の一生』上で読んでいた。こちらは、殺害ではなく、川に溺れるということだったが。男の負い目。もちろん、戦国時代と今では違うが、いまの閉塞感がこんな舞台になったのだろうが、しかし、辛い、いろいろ辛いお芝居だった。

長い。一番しんどかったのは、休憩時の爆音。

あと、お尻が痛くて仕方がなかった。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/21787226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2015-10-29 22:19 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob