人気ブログランキング |

犬童一利『カミングアウト』 「うしお山の少女ハイジ」めくるめく紙芝居 

2016/7/10(日)
いつものように昨日の日記を書いてブログにアップしたあと、投票所へ。
はじめて投票証明書をもらってみる。若い人は、投票してこれをもらって、自分が投票した人を書いておくなりしてファイル化していくと自分の投票がどうだったかなどが分かっていいかも知れない。投票所で昔、親父らが投票済シールをもらって玄関前に貼っていたことをぼんやり覚えていると話しかけたら、管理の人が、昔は会社が投票証明書を要求することがあったが今はないですねと言っていた。

そのあと、山科青少年活動センター大会議室で10時から12時すぎまで、めくるめく紙芝居ワークショップ。「うしお山の少女ハイジ」の続きをあれこれ考えていく。フランクフルトをフクオカフルトにしたが、これは、新幹線の車掌さんをNくんができるのでいいなと思う。あと、替え歌を考えているのだが、「アルムのもみのきよ」と『おしえて』では歌うところが「天狗の杉の木」に変えられることが分かって面白い。

大杉坊大権現の天狗杉 牛尾山法厳寺(ほうごんじ)のスギ http://www.kyoto-ga.jp/greenery/kyonomidori/history/history_001011.html
<本堂や庫裏(くり)、鐘楼(しょうろう)が建ち並ぶ広い境内の一角に、大杉堂がある。その名の通り、背後には、大きなスギがそびえている。天狗杉と呼ばれるこのスギは、開山時に植えられたといわれ、大杉坊大権現として信仰されている。大杉坊とは天狗の名前。山の神である天狗は、山中を自在に飛び回り登山者や参詣者を守護するという。麓(ふもと)には「天狗の爪研ぎ岩」があり、寺で天狗の叩く太鼓の音を聞いたなど、天狗にまつわる言い伝えが数多く残っている。>

帰って、60年代70年代フォークソング・ニューミュージックというあの年この歌の特番で一緒に歌ったり、平家琵琶の演奏を聞いたり。

ちょうど京都橘大学でLGBTの学習会もあるし、ちょうどいいなと思って、犬童一利監督の『カミングアウト』を見た。大学生活がけっこう長く描かれていて、大学生が見て考えるのにもいいかも知れない。カミングアウトされた側の反応をもっと丁寧に描くべきだという評価もあったが、この長さではそんなに中途半端だとは思わなかった。確かにサークル描写はちょっと長いかもだが、いまの大学生活ってこんなものかと自分はみていた。

犬童一利(脚本も)『カミングアウト』(2014年、98分。配給:レイズインターナショナル)
高橋直人:赤間陽
岡村優:緑川昇
夏緒:黄瀬美穂
高山侑子:柴田明日香
<ゲイの青年が葛藤の末にカミングアウトするまでの日常をリアルにつづった青春ドラマ。ゲイの大学生・陽は同じサークルに所属する昇に思いを寄せているが、自分がゲイであることは周囲には秘密にしていた。そんな陽がありのままの自分でいられるのは、新宿2丁目にある行きつけのバー「B♭」だけ。友情や恋愛、将来に対する不安など悩みが尽きない陽だったが、さまざまな出来事を経験していく中で、ある思いが芽生えはじめる。監督・脚本は、短編映画「SRS ありきたりなふたり」でも性同一性障害の恋愛を描いた若手監督・犬童一利。人気特撮「特命戦隊ゴーバスターズ」の高橋直人が主人公を繊細に演じた。>


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/22983951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2016-07-10 21:27 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31