国内ダンス留学@神戸6期「あなたの寝顔をなでてみる。」伊藤千枝振付@ArtTheater dB KOBE出崎統『劇場版あしたのジョー2』

2018/1/28(日)

伊藤千枝さん=珍しいキノコ舞踊団のダンスを観るといつもいつも温かい気持ちになる。そして、そんなにコンテンポラリーコンテンポラリーとつっぱらなくてもいいよな、ダンスのクリエーションと思うのだ。一番初めにみたキノコは錦糸町だったかも。なんか、百貨店の小さいようなしょぼいようなところで、ダンサーなのかどうか分からないような小粒の普通の女の子が、実に楽しそうに踊っていた。

国内ダンス留学@神戸6期、NEWCOMER/SHOWCASE#5、伊藤千枝振付作品「あなたの寝顔をなでてみる。」。14時すぎから15時の少し前まで。46分ぐらいか。ArtTheater dB KOBE。長田割があるようだ。親子、高校生も。

5名の作品なので、17時からは別のメンバーで同じ作品が踊られる。みたいなとかなり思うがまあ、遅くなるんでね。

水音の浅い眠りのなかの踊る身体というのが核にある。ひとえにモデラートなスイングジャズが主で。無理な脱構築などない。でも、編集の技で単なる音楽をなぞる踊りではないのは言うまでもなく。

ジャズがほとんど。あとは眠りのピアノ。そして、突然のロック。ちょっとした変化。

トーゴ出身のアラン・スナンジャの大きさ、あとは女性。イスラエル出身のマイア・ハルター。岡山の大谷萌々夏と石黒美彩、そして現代美術出身の松縄春香。同質な感じが強かった珍しいキノコ舞踊団メンバーとは違う凸凹感もいまどき。

帰って、録画していた『劇場版あしたのジョー2』。なにせ、漫画もテレビアニメ(映画の評価は漫画やテレビよりも低い人がいたりするが)も全く知らなかったので、ようやくこういう話だったのねと分かる。

出崎統(脚本も)『劇場版あしたのジョー21981年、110分。

<宿命のライバル・力石徹を試合中に死なせてしまった矢吹丈(ジョー)。力石に不思議な友情を感じていたジョーは、その記憶に苛まれ続け、自暴自棄な生活を送っていた。丹下段平や白木葉子の説得によって再びリングに立つ決心を固めるジョーだったが、力石の死を忘れることは出来ず、相手の顔面を打つことのできない欠陥ボクサーになっていた。ある日、テレビで見たカーロス・リベラというボクサーに興味を惹かれたジョーは、葉子にカーロスとの対戦を申し出る。>

a0034066_07382311.jpg

a0034066_07382774.jpg

a0034066_07383187.jpg

a0034066_07383497.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238251226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-01-28 22:56 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob