若者文化市@東山青少年活動センター 桂南天『代書』

2018/2/25(日)

宮川町歌舞練場のチラシをみながら、東山青少年活動センターへ。

バスから、南無大師遍照金剛のハッピを着た一群。大谷廟堂なら南妙法蓮華経なのでどこかと思ったら、六波羅蜜寺。ここは真言宗だったのか。

10時からと思っていたら、11時から。ぼんやり、第1回(ひょっとしたら準備回)の若者文化市のために設営している人たちを眺めている。

新年度、今年の114日にロームシアター京都にて、この若者文化市が行われるという。公益財団法人京都市ユースサービス協会あげての行事だったのかと関係者と挨拶。

2回生ゼミの学外授業にこの日を当てられたらいいし、できれば、実行委員会に誰か参加するといいなと思う。

ワカモノホールで、手話エンターテイメントoioiの寸劇を楽しむ。繰り返し、セリフとともに手話の動作を見ていると、楽しく学習できるのがいいな。

客席にいた着物姿の女の子たちが出演する、上方舞体験教室の日本舞踊。なんと、楳茂都流だった。理由は宮川町の花柳界つながり。いまは、若柳流になっているという話が繋がる。

花街が継承する伝統伎芸 http://kyo-tsunagu.net/kagai/gigei/

花街名   流派       公演

祇園甲部 京舞井上流    都をどり,温習会

宮川町  若柳流      京おどり,みずゑ会

先斗町  尾上流      鴨川をどり,水明会

上七軒  花柳流      北野をどり,寿会

祇園東  藤間流      祇園をどり

帰って、NHK将棋、カーリング女子決勝。そして9.99、そして落語。

桂南天『代書』。飄々としていて面白い。同じネタでも江戸落語との違いもよく出ている。桂枝雀さんからの流れが見えるところもある。

2代目桂 南天(かつら なんてん、19671227 - )は大阪府枚方市出身、四條畷市在住の落語家。大阪府立枚方西高校を経て大阪芸術大学映像学科へ進学。大学時代には、落語研究会に所属しながら、「田舎家らくだ」という芸名で落語を披露していた。 

https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20180218-31-27958

第381回NHK上方落語の会から桂南天さんの口演で「代書」をお送りします(平成30年1月5日(金)NHK大阪放送局T-2スタジオで収録)。【あらすじ】就職をするという男が代書屋にやってきた。履歴書が要ると言われて、家探しのあげく、友だちに借りようとして、代書屋へ行けと言われたという、至ってのんきな男。住所、名前、生年月日、学歴、職歴、代書屋は尋ねるのだが、男は何ひとつまともに答えられずに

a0034066_07582901.jpg

a0034066_07583187.jpg

a0034066_07583228.jpg

a0034066_07583305.jpg

a0034066_07583478.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238356938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-02-25 22:30 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー