入船亭扇辰『雪とん』

2018/2/26(月)

入船亭扇辰(いりふねてい・せんたつ)「雪とん(ゆきとん)」。

珍しいものだという。でも、これはなかなかに味わい。扇辰さんの力があるのだろうが、郭物などよりも、この人違いという設定が、おおと思う。それにしても、流派は全く違うのだが、女性の表現が、立川志の輔さんととても似ていル。

入船亭扇辰・・・1964年 2月13日 新潟の長岡 生まれ 出囃子 「からかさ」

帰り、ユニクロで伸び縮みできるジーパン。最近靴下が見える短いのが多くて、裾直しがなくて互いに楽。

バス。他大学の学生が結構いた。リアル就活というイベント。去年に見たが、こういう感じで面接が続くのかと結構面白かった。

研究室のパソコンが替わっていて、あれこれ設定。

モニターが替わっていないのがすこし残念。もう少し大きいといいのにね。

明日の部長会、いま、ペーパーレスになっているので、暗証番号が替わる。でも、これももうすこし大きくないと見づらい。

a0034066_07481743.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238358911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-02-26 22:40 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob