やましな子ども若者会議 佐々木譲『ベルリン飛行司令』 五街道雲助『品川心中』 古今亭菊之丞『法事の茶』

2018/3/1(木)

読んだ小説、佐々木譲『ベルリン飛行司令』(新潮文庫、1993年、単行本1988年)。

逢坂剛つながりではじめて佐々木譲ワールドの一端を探索。丁寧な記述。でも後半になるとわくわくできる。

落語は、五街道雲助『品川心中』、古今亭菊之丞『法事の茶』。

なるほど、『雪こん』で解説されていたように、タイトルというのは符丁のようなものだったということが、『法事の茶』でもわかる。「焙じる」茶なんだよな。しかし、モノマネでもこちらが知らない人だとなかなかにイメージができない。何度も座布団から離れて出て来る様をするという演出も珍しいかも。

午前中、樟葉モール。今日は風が強い。

15時と思って東部文化会館へ行くと16時だった。やましな子ども若者会議。バックステージツアーが想定外の面白さ。京都ユースサービス協会の若者文化市に続いて何か同種のものが続く。

a0034066_07463225.jpg

a0034066_07463406.jpg

a0034066_07463696.jpg

a0034066_07463741.jpg

a0034066_07463816.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238365072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-03-01 22:34 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー