「崖っぷちホテル!」土田英生脚本テレビドラマ 杉本苑子『穢土荘厳』 武内英樹『テルマエ・ロマエ』

2018/4/15(日)

MONOの土田英生さん脚本のテレビドラマの始まり。

ホテルというのは、三谷幸喜さん物もあるので、どうなるのかな?と思いつつ、なかなかに楽しめたしこれからただただ期待できそうで良かった。

日本テレビ系 20184月期日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」<https://www.ntv.co.jp/gakehote/story/

https://dorama-netabare.com/archives/33221

<郊外にたたずむ破産寸前のホテルを舞台に繰り広げられる痛快シチュエーションコメディ。突然ふらりとやってきた謎の青年により、やる気ゼロだったスタッフたちが変わっていく。そんな本作で民放連ドラ初主演の岩田剛典さんが演じるのはクラシカルなホテルに似つかわしくな超絶ラフな格好で現れた訪問客宇海。コメディは初挑戦となる岩田がひょうひょうとしたキャラをどう演じるのか楽しみ。若さゆえになめられっ放しの総支配人を戸田恵梨香さんが演じます。他、くせの強すぎるスタッフの個性的な面々が織りなす抱腹絶倒のコメディ。物語の舞台となるのは、客席やロビー、レストランなどホテルの施設のみ。限られたシチュエーションの中、登場人物が会話劇を展開していく。そのため視聴者はまるで宿泊しているかのような、ライブ感を楽しめる。>

今日はずっと家。

録画していたコメディ映画。お風呂つながり。漫画家の想像力はすごいな。

面白かった。

武内英樹『テルマエ・ロマエ』2012年、108分、東宝。

脚本 武藤将吾  原作 ヤマザキマリ

<監督は武内英樹が務め、主演の阿部寛の見事な演技をはじめ、主要なローマ人の登場人物を日本人屈指の「濃い顔」俳優たちが演じている。日本各地の銭湯や温泉地でのロケに加え、イタリア・チネチッタでのオープンセットで1000人のエキストラによる2週間に及ぶ撮影も行われた。イタリアでは2012421日にウディネ・ファーイースト映画祭でワールドプレミア上映された>
ルシウス - 阿部寛 古代ローマ帝国の浴場設計技師
山越真実 - 上戸彩 普段は派遣社員として働く漫画家志望。ルシウスが銭湯で倒れた姿をスケッチした。原作の小達さつきの役割にあたるキャラクター。ルシウスとの出会いをきっかけに古代ローマ語を勉強して習得してルシウス達と会話できるようになった。
ハドリアヌス - 市村正親 第14代ローマ皇帝
ケイオニウス - 北村一輝 次期皇帝候補
アントニヌス - 宍戸開 次期皇帝候補
マルクス - 勝矢 ルシウスの友人
館野 - 竹内力 厳つい男
山越修造 - 笹野高史 真実の父
山越由美 - キムラ緑子 真実の母・・・

ようやく読み終えた歴史小説。杉本苑子『穢土荘厳』

時間が行ったり来たりするので、年表をおいておくとよかったかも。それに、皇族や藤原氏、蘇我系の人たちの関係がとても複雑。地名も馴染みがないし。橘諸兄とその子供橘奈良麻呂は、京都橘大学の「橘」なので、一番気になるかも。それよりは、長屋王なのだろうが、この小説で重要なのは。

また、52年の大仏開眼供養というのは、日本の大イベントの最初とも思われるので、詳しく知っておく必要がある。

杉本苑子『穢土荘厳』上下:文春文庫、1989年、単行本1986年。https://jumgon.exblog.jp/16323483/

<藤原京から平城京に移り、橘美千代・藤原4兄弟・長屋王家滅亡(陰謀?)を経て、光明子を聖武天皇の夫人から皇后へとおしあげた。さまざまな良心の呵責からか、聖武天皇は恭仁京、紫香楽の宮、難波宮など各地を転々した。
その時期に僧行基に出会い帰依する。やがて遣唐使の吉備真備・玄昉らの帰国。
藤原四兄弟の疫病死。世間の反発にやむなく平城京に戻った聖武天皇は世の疲弊を顧みることなく、己の魂の救済求め、大仏造立、国分寺建立を思いつく。
官寺以外にも私の寺院造りを奨励する。聖武天皇は自分の命あるうちにと大仏開眼供養を執り行う。(金が足りないので顔だけ鍍金した状態だった)
聖武天皇後は光明子、孝謙天皇、藤原仲麻呂を中心に政務は進められ、吉備真備は追い払われる形で再度遣唐使として唐に渡ることになる。>

トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238463742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-04-15 22:42 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob