貴志祐介『天使の囀り』

2018/5/22(火)

読み終えたホラー小説。

半分ぐらいは結構辛かった。そのあと、ふっきれて読み終えたくてムズムズ。

貴志祐介『天使の囀り』角川ホラー文庫、2000年。1998年単行本。

<北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。>

a0034066_07262987.jpg

a0034066_07263095.jpg

朝日新聞に、日曜日のポリカレの記事が出ていた模様。https://www.asahi.com/articles/ASL5N471JL5NPLZB00B.html


2回生演習。一人欠席、一人通院で遅刻。

サッカー部の病院通いが多い。

3回生サッカー部二人をキャリアセンターに連れていく。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238538066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-05-22 22:20 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob