『健康で文化的な最低限度の生活』と『この世界の片隅に』

2018/7/17(火)

9時、山科区役所。段田安則さんの他、吉岡里帆さんの色紙も置いてある。

無事、スムーズに会議終了。

椥辻から大学までの間の歩きは昼なのでかなりきついが実はそんなにしんどくはなかった(みんなにはしんどかったと言ったがw)。

21時から、待ちに待ったドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』が始まる。

主人公は、映画監督になりたかったが、それを諦めて、平凡で安定的な地方公務員(特別区役所職員)を選んだが・・・この大学生時代は原作にはなかったような気がする・・・

漫画よりも、早く、ケースワーカーの仕事に慣れたようになっている感があるが、まあ、ずっとしんどいままだと視聴率に影響するだろうからなあ・・・

少しでも、第一線の地方公務員の仕事とセーフティーネットとしての生活保護(国の仕事で、自治体は法定受託事務としてそれを請負っている)

『健康で文化的な最低限度の生活』

放送時間 火曜日 21:00 - 21:5454分) 放送期間 2018717 -

制作局 カンテレ 演出 本橋圭太 小野浩司

原作 柏木ハルコ 脚本 矢島弘一 岸本鮎佳

プロデューサー 米田孝 遠田孝一 木曽貴美子 本郷達也

出演者  吉岡里帆(19931月生まれ) 井浦新 川栄李奈(かわえいりな、19952月生まれ、元AKB

山田裕貴 田中圭 遠藤憲一

オープニング 安田レイ「Sunny

エンディング AAATomorrow

<平凡な家庭に育った義経えみるは大学時代に映画監督を目指していたが、自身の才能のなさを悟って平凡な公務員として社会人生活を開始する。えみるは4人の同期とともに東京都東区役所の生活課に配属することになった。生活課とは生活保護受給者の面倒を見るというややハードな職場である。職場に入ると、えみるは東区の110世帯の生活保護受給者を担当することになり、各世帯の状況をまとめた資料をよく読んでおくように命じられる。不幸を絵に描いたような人生を送る担当世帯の資料を驚きながら読み進めていると、えみるの担当する平川という男から生活課に電話が入る。>

一昨日の日曜日に始まったテレビドラマ『この世界の片隅に』も、すず役の女優さんがなかなかにぴったりで、現在からの回顧というところが原作と違うがそんなに違和感なく、アニメともつながっているし、ずっと見続けられそうだ。

『この世界の片隅に』

放送時間 日曜21:00 -21:5454分)

放送期間 2018715 -

制作局 TBS

演出 土井裕泰

原作 こうの史代

脚本 岡田惠和

プロデューサー 佐野亜裕美

出演者

北條(浦野)すず 松本穂香
北條周作 松坂桃李
刈谷幸子 伊藤沙莉
堂本志野 土村 芳
浦野すみ 久保田紗友
黒村径子 尾野真千子
北條円太郎 田口トモロヲ
北條サン 伊藤 蘭
a0034066_07141400.jpg

a0034066_07141451.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238661372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-07-17 22:07 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob