桂福團治「ねずみ穴」 道尾秀介『光媒の花』 逢坂剛『陰の声 重蔵始末(五)』 「透明なゆりかご」第一話

2018/7/22(日)

すこし家の用事をしたりしてずっと八幡市を離れず。風はあるが外は暑い。

録画していた落語を楽しむ。

日本の話芸 桂福團治 落語「ねずみ穴」 枕でちっとも笑えない暗い話といわれて聞き出す・・・いやあ、確かに・・でもうまいなあ。娘は「はな」、新町遊廓へ・・・

<第386回NHK上方落語の会から桂福團治さんの口演で落語「ねずみ穴」をお送りします(平成30年6月7日(木)NHK大阪ホールで収録)。【あらすじ】酒、博打、女の道楽に破滅した竹次郎。兄を訪ね、商売の元手を借りる。見ると、たったの三文。腹が立ったものの一生懸命に働き、十年後には蔵が三戸前ある大きな質屋の主人に。冬の風の強い夜、兄に借りた金を返しに行く。真夜中に半鐘が鳴り、竹次郎の家の方向で火事が。>

(参考)http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug395.htm より

< え~、落語も何百とありますがなぁ、たいてぇみな面白い噺ばっかりで、面白ない噺もいくつかありますがね、しかしどっか笑うところがある、たまにはね。

 そのなかでも笑うところが全然ないといぅ、そんな噺もなかに二つぐらいあるんですわ。笑ろたら失礼になるちゅな噺、それを今からやりまんねん。

表が騒がしぃが、どぉしたんじゃ?

 もぉ始まってまんねん、>

読んだ文庫本。

道尾秀介『光媒の花』集英社文庫、2012年、2010年単行本。

6つの短編。ただ、一部が繋がっている。風媒花と虫媒花の話があるので、造語のような「光媒」花が出てくるのだろう。植物と昆虫たち。

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせた少女のため、少年が口にした淡い約束。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景を、やがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群像劇。第23回山本周五郎賞受賞作。

逢坂剛『陰の声 重蔵始末(五)長崎編』講談社文庫、2010年、講談社文庫、2007年単行本。

やっぱり、日本の時代小説は、少し逢坂剛でもテンポがよくないところが出てくるな。もちろん江戸だと相撲取りが面白かったし、きちんと長崎奉行の制度などの解説は緻密でさすがであるが(警察小説と同じく)。

長崎奉行手附出役(てつきしゅつやく)として、天領・長崎で縦横無尽に事件解決に当たる近藤重蔵。そんな重蔵の前に現れたのは、江戸の地で最愛の人、音若を無残にも殺した仇敵りよだった! りよはなじみの悪党・喜兵衛の一味と行動を供にし、長崎でも悪事の限りを尽くす。重蔵は音若の仇を討つことが出来るのか。

「透明なゆりかご」NHK第一話を観た。悲しいところも多そうだが、看護、産婦人科の現状がよく分かる。

https://news.mynavi.jp/article/20180719-666683/

< 女優の清原果耶さんが主演を務めるNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」が20日にスタートする。2030代の女性を中心に共感を呼んでいる沖田×華(おきた・ばっか)さんのマンガが原作。2015年度後期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」で、13歳のときに女優デビューを果たした清原さんは、今作がドラマ初主演で、産婦人科の17歳の看護師見習い、青田アオイを演じる。

 「透明なゆりかご」は、コミックスの累計発行部数が325万部を突破している人気マンガ。ドラマでも、幸せな出産だけでなく、中絶や死産といった産婦人科の陰の部分に向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への祈りにも似た思いを描く。瀬戸康史さん、酒井若菜さん、マイコさん、葉山奨之さん、水川あさみさん、原田美枝子さんも出演する。

 第1回「命のかけら」は、1997年の夏、アオイ(清原さん)は看護師見習いとして「由比産婦人科」へやってくる。いきなり中絶手術の現場を目撃し、衝撃を受けるが、初めて出産にも立ち会い、生まれてきた赤ちゃんの生命力に心を揺さぶられる。院長・由比(瀬戸さん)、看護師の紗也子(水川さん)や榊(原田さん)らが妊婦一人一人に向き合う中、田中さん(安藤玉恵さん)という女性が訪れる。田中さんはいわゆる未受診妊婦で、出産直後に失踪してしまう……というストーリー。>

a0034066_07284378.jpg

a0034066_07284538.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238668533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-07-22 14:19 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob