人気ブログランキング |

カジャラ#1『大人たるもの』 ケネス・ルオフ『国民の天皇―戦後日本の民主主義と天皇制』

2018/8/27(月)

14時から高大連絡会議があることもあり、久しぶりに京都橘大学へ。研究室の空調と明かりが新しくなっていた。温度調整も自分でできて快適なり。

去年の今頃は那智勝浦だった。今年は明後日の出発ということ。うちのゼミ生が二人も入っている。

913日、14日の若狭広域消防のインターンシップにも同じ2回生ゼミ生が二人。

帰って買っていたDVDを楽しむ。ラーメンズってとても好きな人が多かったなとあとで思い出したが、これを買ったのは、近大の受講生で小林賢太郎さんの世界が好きだということで買っておいたもの。こういうちょっと捻ったコント、そういえば、随分昔に東京の小劇場で見たなと思い出す。

カジャラ#1『大人たるもの』2016年、128分、DVD

出演: 片桐仁, 竹井亮介, 安井順平, 辻本耕志, 小林賢太郎

監督: 小林賢太郎

<小林賢太郎の新作コント公演「カジャラ」が始動!

2016727日から行われた第一弾公演を完全収録!

作・演出は小林賢太郎、出演に小林とは7年ぶりの共演になる「ラーメンズ」片桐仁、「小林賢太郎テレビ」などでおなじみのコントユニット「親族代表」の竹井亮介、お笑いタレントや舞台で活躍中の安井順平、お笑いトリオ「フラミンゴ」の辻本耕志、そして小林賢太郎。

すべて新作! 小林賢太郎のコントをご堪能あれ!

ようやく読み終える。ケネス・ルオフ、監修:高橋紘、訳:井村剛久・福島睦男『国民の天皇戦後日本の民主主義と天皇制』岩波現代文庫、2009年、2003年共同通信社から刊行。

結びより(p383

日本だけではなく、<国家的象徴はたいていが近大の産物(ないし近代に適合するよう操作されたもの)である国内的慣行と、外国産の慣行の合成物だと明らかに認められる。しかし、こうした国家的象徴は、日本という国歌の固有性と無窮性を称揚する人々の求めるものとは、齟齬をきたしている。>

<万世一系の天皇から象徴天皇へ、戦前から戦後へと天皇像は著しく変容した。敗戦から現在まで、皇室と国民の距離も大きく変化した。現天皇即位後の二〇年間に、象徴としての天皇制のしなやかな適合力が国民の支持を獲得してきた現実をどう見るか。国民の皇室に対するまなざしはどう推移するか。戦後天皇制を考察した労作。大佛次郎論壇賞受賞。>

https://www.iwanami.co.jp/book/b255845.html

<各章の内容として注目すべき点について紹介させていただきます.
 第2章では新憲法がどのように天皇の公的役割を規定し直したかを考察し,天皇の「象徴性」についての左右両翼の攻防,多くの知識人の象徴天皇論を紹介しています.第3章では,戦前から宮中で行われてきた閣僚による内奏が戦後史においても極めて重要な意味を持ったことを明らかにし,とりわけ佐藤栄作首相の昭和天皇へのアプローチや増原防衛相の問題発言など,注目すべき事例を通して,内奏と新憲法の理念との衝突を論じています.第4章では,九年代に現天皇が,戦争中の行為について近隣諸国に謝罪したことから生じた三つの問題,戦争責任とは何か,象徴天皇に政治的権限が認められているか,天皇の公的役割をどう規定するかという問題の所在をたどっていて,刺激的です.
 第5章は,天皇制がらみの法案に対する広範な政治行動,とりわけ右派の動向について紙幅を割いています.右派を一枚岩にとらえずに,各派の主張の相違にも注目しています.
 第6章では,皇室の行動様式が戦後どう変わったかを追跡しています.大衆民主主義社会では,君主制は社会の中核的価値に結びつかねばならず,皇太子明仁が旧華族以外から妃を選んだことで,雲の上の神聖不可侵なる君主制が,皇室の長い歴史の中でも先例のないものへと変貌を遂げたことを重視しています.その皇太子が,天皇となった平成期の皇室が,(阪神大震災時において被災者を抱いて慰める皇后の姿に象徴されるように)いかに社会に適合的なものとして変化してきたか,それを「温かくファジーな平成の皇室」として,著者は注目しているのです.本書全体を貫く視点とは,現在でも強力な象徴としての天皇制が,日本という国のかたちが戦後変わるにつれて変化し,またこの国のかたちを作り直すのに利用されているということです.>
a0034066_09201059.jpg

a0034066_09201138.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238729193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-08-27 21:27 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー