『大阪クラシック~街にあふれる大阪~』2018

2018/9/10(月)

昨日から始まった『大阪クラシック~街にあふれる大阪~』2018のうち、第15公演と第17公演を鑑賞した。大阪クラシックのプログラムは無料のもの(まちかど的、アウトリーチ的演奏)と、全席指定ながら1000円という低価格である。私が鑑賞したのは、後者のもの。昨日の日曜日は大入りだったそうだ。


私は、12時半からの大阪交響楽団のホルン三重奏とクラリネット三重奏、どちらもブラームス作曲のレアな作品と、14時からのいつもはポップスライブハウスのゼップナンバ(オオサカ)での大阪フィルハーモニーによるベートーベン木管8重奏曲を鑑賞した。プロデューサーは大植英次さん。はじめに解説する。途中にはどちらも演奏者の一人が話すことで親しみが増す。

後者は短すぎるということで、ウェーバーの6重奏曲も追加。

そのあと校務。

a0034066_08401879.jpg

a0034066_08401987.jpg

a0034066_08402135.jpg

a0034066_08402397.jpg

a0034066_08402539.jpg
a0034066_08404636.jpg

a0034066_08404837.jpg

a0034066_08405076.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238751808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-09-10 22:10 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob