エイチエムピー・シアターカンパニー 『高野聖』IKSALON表現者工房

2018/10/16(火)

会議が終わってバスに間に合う。

逆に寺田町駅に早くついて、のんびり、貝のラーメン。雑炊にしたので、少し観劇には重かったな。商店街を通りながら、昔、この商店街のそばでダンスを鑑賞したことを思い出す。猫がいっぱいいた自宅でのダンス。

寺田町延三ビルは、5階建て。すべて表現者のためのビルに改造されつつあるという。

夜に行くのは初めてだったが、迷い難いので、意外と活用されるのかもしれない。でもあと10席ぐらい客席を作ることができるといいのだが。

小説の味わいを身体のカクカクした動きと言葉の映像、美しい原作のモノローグで描く。

読んだはずなのに、森田さんが演じる(というのが適切かどうかわからないが)「白痴(ばか)」が、客(僧=語り手)の晩飯を取り上げ、また取り返されるシーン、そして「木曽の御嶽山は夏でも寒い・・・」と素晴らしい声での歌。こういう場面がやけに印象的だったりする。もちろん、婦人(おんな)の艶めかしさや怖さなどが小説では際立っていて、この舞台でもさらりと表現はされているのだが。

あと、夜の闇のなかの動物の妖怪感が、いささか楽しげなのでこれも新鮮。

帰り、青空文庫で原作をしみじみ見つめた。

イチエムピー・シアターカンパニー〈狂想的身体論〉『高野聖』

原作:泉鏡花『高野聖』、構成・演出・舞台美術:笠井友仁

IKSALON表現者工房(寺田町延三ビル1階)

19472039

森田祐利栄 , 米沢千草 , 原由恵 , 岸本昌也 , 竹内宏樹 , 田口翼

<エイチエムピー・シアターカンパニーは小説作品を舞台芸術作品として書き写す、新シリーズ「狂想的身体論シリーズ」をはじめます。

その第一作品目として、泉鏡花の代表作『高野聖』を上演します。 俳優の豊かな身体表現と映像を使って描き出す、怪しく美しい幻想的な『高野聖』の世界をお楽しみください。

信州・松本を目指して飛騨の峠を越えようとしていると、道に迷ってしまった一人の修行僧。

やっとの思いでたどり着いた一軒の山家には、恐ろしい秘密を持った美しい女が住んでいた。>

演出助手=高安美帆/映像=サカイヒロト/舞台監督=塚本修/照明=吉田一弥

音響=宮田充規/宣伝美術=settendesign株式会社/制作=前田瑠佳

協力=イロリムラ、岡田蕗子、空間 悠々劇的、CQ、スタジオ315、チーム濁流

助成=アーツサポート関西、大阪市、芸術文化振興基金

企画・製作=エイチエムピー・シアターカンパニー

主催=一般社団法人HMP

a0034066_07224038.jpg

a0034066_07224142.jpg

a0034066_07224261.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238811005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-10-16 22:02 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー