講談に落語 テレビドラマ

2018/10/15(月)

講談で、一龍斎貞心の「大名荒茶の湯」を見たが、その前に、上方落語の「荒大名の茶の湯」を見ていたので、ずいぶんと上品だなと比べて思う。

講談では、神田陽子「炎の歌人 与謝野晶子の生涯」を堪能する。講談師の情報記憶量ってやはりすごいな。

上方落語では、桂文五郎「牛ほめ」、桂文華「幸助餅」。後者の落語は起承転結がある物語。相撲取りが芸人だった時代の話。

幸助餅 http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug303.htm

幸助  雷(いかずち)五郎吉  三つ扇屋の女将  幸助の伯父ほか

「下町ロケット―ゴースト」。この役者さん、なかなかの味わいやなあと思って検索したら、イモトアヤコさんというコメディアンぽい女優さんだった。でも、写真が好きだったり、舞台にも出ていたりしていて、こういう脇役的な役者さんたちの中から、悠木千帆(樹木希林)さんのような人が出てくるのかもなと思ったりする。

「フェイクニュース」前編。ネットメディアってこんな感じなのかは分からないが、忙しく虚しい雰囲気は出ているかも。北川景子さんという人はあまり知らないが、かっこいいな(演技上だけれど、テコンドー)。

20181019

「フェイクニュース」スタッフブログ #1 https://www.nhk.or.jp/drama-blog/6190/307578.html



都市環境デザイン学科の専門演習、私のゼミだけ月曜日のママで、今年度からほかは火曜日になった。

これは部長会のためだが、けっこうゼミ生とかにも迷惑をかけてしまう。あと1年だろうが、気をつけねば。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238820593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-10-22 22:08 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー