未解決事件 file.07「警察庁長官狙撃事件」

2018/10/31(水)

帰って録画していたNHKスペシャルを見た。

公安と捜査第一課との関係ってこういうことが多いのだろうな。

捜査第一課に公安の3名が混じった特捜班。公安たちが資料を読むとともに、チームとしてまとまっていくところはドラマなのだろうか、実際にあったことだったのだろうか。

未解決事件 file.07「警察庁長官狙撃事件」 実録ドラマ ディレクターズカット

10月29日(月)午後9:00~10:40 BSプレミアム

國村 隼(くにむら じゅん) イッセー尾形

毎熊克哉 渋谷謙人 小日向文世(こひなたふみよ)

https://www.nhk.or.jp/mikaiketsu/

<事件が発生したのはオウム真理教による地下鉄サリン事件の10日後、張り詰めたような空気が日本社会を覆っていたある朝のことだった。

國松孝次警察庁長官(当時)が東京都荒川区南千住の自宅マンションから出たところを発砲され、全治1年6か月というひん死の重傷を負ったのである。

日本の治安を根底から揺るがしたにもかかわらず、犯人を特定できないまま、15年後に時効が成立。にもかかわらず、警視庁は「この事件はオウム真理教の信者グループが、教祖の意志のもとに、組織的、計画的に敢行したテロであったと認めた」と前代未聞の会見をおこなった。

未解決に終わった警察長官狙撃事件は、私たちの社会に何を突きつけるのか?そして真実とはいったいなんなのか。「ドキュメンタリー」と「ドラマ」で描き出す

今回のドキュメンタリーでは、捜査線上に浮上した

「オウム真理教の犯行説」「暴力団説」「北朝鮮説」、そして「中村泰説」など、さまざまに検証を行いました。

その結果、番組で構成したのは、わたしたちが取材し、一次資料や証言を得ることで、裏付けが出来た事実に限りました。こんな、取材者として当たり前の行為を、改めて突き付けられた日々でした。愚直な調査報道をぜひ見てください。>

ドキュメンタリー ディレクター 小口拓朗

ドラマ 脚本・演出 黒崎博

a0034066_08594491.jpg

a0034066_08594591.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238836843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-10-31 21:14 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー