山口雅俊『闇金ウシジマくん Part3』 目撃にっぽん「それでも石を積みつづける」 英雄たちの選択:廃藩置県 

2018/11/2(金)

山口雅俊『闇金ウシジマくんPart32016年、東宝、131分。

最近は少なくなったが、こういうネットビジネスのツイッターとかよく流れていたなと思い出す。本郷奏多さんと白石麻衣さん・・・結構健全と言うかダークでない仕上がり。前回よりもほんわかしている。

<今日も高金利で金を貸す金融屋「カウカウファイナンス」の丑嶋馨(山田孝之)。フリーターの沢村真司(本郷奏多)は偶然知り合ったモデルのりな(白石麻衣)にあおられて、ネットで1秒間に1億円を稼ぐという天生翔(浜野謙太)のビジネスに身を投じ、カウカウファイナンスを巻き込んだある計画を考える。一方、サラリーマンの加茂守(藤森慎吾)は妻帯者でありながら遊ぶ金欲しさにカウカウファイナンスで借金を重ね……。>

<「1日3割(ヒサン)」「10日で5割(トゴ)」という非合法な金利で金を貸し付けるアウトローの金融屋「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマ(山田孝之)を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落人生をハードでコミカルなタッチで描く社会派エンタテインメント『闇金ウシジマくん』。原作は小学館漫画賞を受賞し、累計1000万部の大台を突破した真鍋昌平による同名コミックス。実写版は2010年のテレビドラマ「Season1」に始まり、その後映画シリーズへと成長した。

映画『Part3』は、原作の「フリーエージェントくん編」×「中年会社員くん編」。高額アフェリエイトによって秒速で何億も稼ぎ出す男に群がるフリーター、かたや組織にしがみつく大企業のサラリーマン。これまでのシリーズでは描かれなかった金持ち(セレブ)も登場し、大金が動くダイナミックにしてゴージャスなストーリーで、彼らが欲望にからめとられてそれぞれ堕ち行く様を描く。

「リスクをとって、未来を掴め!」

果たして、このマネーゲームの勝者は一体誰になるのか!?

これまでも、ウシジマに金を借りに来る個性的な人物たちが数多く登場し、それが本シリーズの魅力のひとつでもあった。今回の出演者も、俳優のみならず、アイドル、ミュージシャン、お笑い芸人、モデル、セクシー女優とバラエティー豊か。

Part3』には、乃木坂46のエース白石麻衣、お笑い芸人オリエンタルラジオの藤森慎吾、ミュージシャンの浜野謙太、『進撃の巨人』でも活躍目覚ましかった本郷奏多らが参加。人間の狡さや愚かさや弱さをリアルに、時に可笑しく見せる。

夢にも希望にも暗雲が立ちこめ、そのカケラも見えないどん底な現代にウシジマくんは何のために降臨したのか。すべての答えは映画にある。>

行政法も7回目。来週は中間テスト。間違って劇団態変の人が来るって言ってしまった。もう一週後だった。実体法と手続法、一般法と特別法、強行規定と任意規定。前回の却下と棄却、停止条件と解除条件など対になるものの説明は一度聞いただけではなかなかすとんと落ちないのは仕方がない。

目撃にっぽん。「それでも石を積みつづける」

<金子玲大・30歳は、四国に今も残る石積みの風景を守りたいと、各地を巡っては、石積みの修復をしている。

今回は、金子の半年間を取材。今年の西日本豪雨に言及。>


英雄たちの選択は廃藩置県。版籍奉還からの一気。これは、大久保利通は漸進主義だったが、中堅官僚たちが中央集権がなかなか進まないので突き上げるように木戸孝允や西郷隆盛に提言して、ようやく大久保も決断。

大久保利通が清水の舞台から飛び降りるつもりで決断したのに、諸侯は従順。借金が政府に移り、自分たちは華族になって安泰だし、公家さんと同じになるので、もういいやっていう感じ。問題は浪人になる藩士だけ(西南戦争へ)。大部分はここも説得したというわけだ。

a0034066_08435625.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238839167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-11-02 20:05 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー