人気ブログランキング |

増山士郎展「Tokyo Landscape 2020」現代美術製作所 山城知佳子展@京都芸術センター

2018/11/14(水)

午後、今出川駅へ。

同志社大学新町キャンパスのすぐ北。

ちょっと行き過ぎて紅葉を見たりはしたが、薄明かりの画廊の扉を開けた。

増山士郎展「TokyoLandscape 2020」。電球の灯りだけ、それが上下する。影がなんとなく国旗に見えるという。見ざる聞かざる言わざるの白い人の形。あまりにも同じで少しずつ壊れている。抜け出て床にも散らばる人も。

一つの電源で、電線の五輪マークからヤカンダダ漏れ炭素棒プールへ。そして、あと六百何日というカウントダウン。2020727日が東京五輪初日なんだなと無関心(できれば開催辞退ができたらよかったのだが)な自分に気付かされる。

2階は、201112月に増山士郎さんが、曽我高明さんの東京にあったギャラリーから福島に放射能測定しつつの道行き。測定した数値を小石で描いたり、いろいろすぐ消えるもので書いて、映像で残していく。淡々としたものだけに逆に強い感じがする。

増山士郎展「TokyoLandscape 2020ANEWAL Gallery現代美術製作所 / Contemporary Art Factory

主催:Art CenterOngoing / 現代美術製作所

助成:Arts Councilof Northern Ireland

特殊照明・特殊装置制作協力:市川平

協力:NPO ANEWALGallery

https://seisakusyo.exblog.jp/28850751/?fbclid=IwAR1q3eaS02Qx7bRs67ROjcJP2LouadAJ55dwprnU0tRVYHB2-u9NawiIsJk

<現在の東京オリンピック開催前に、現在も進行中の福島の原発事故問題を見て見ぬふりする、日本社会の縮図を皮肉を込めてつくった>

<現代美術製作所の曽我高明さんと僕は長い付き合いで、アーティストとしてデビュー直後の2002年と、2010年、東向島にあった頃の現代美術製作所でそれぞれ小規模の回顧展を開催させてもらいました。京都に移転してすぐの今回の個展「Tokyo Landscape 2020」は、今年2018年の開催になり、よく考えてみれば曽我さんのスペースで、オリンピックの周期の倍の8年周期で個展をやらせてもらっているんだなとしみじみ思いました。

 本展覧会で同時に見せている「Graffitiafter March 11」は、震災後の2011年に東京にあったころの現代美術製作所から福島まで、放射線量を測りながら、途中あちこちで放射線量の数値をグラフィティとして残していくロードムービーです。この作品も日本では初発表ですが、京都に移転にした現代美術製作所で、既になくなってしまった東京の現代美術製作所が写っている映像を見せているのも、感慨深いものがあるなと思いました。>

曾我さんに教えてもらって京都芸術センターへ。

京都国際舞台芸術祭にはご縁がなかったはずだが、去年見た「土の人」も含めた山城知佳子展があった。南ギャラリー。墓庭(2006,倒立する素足)、OKINAWA墓庭クラブ(2004,一人が踊る)、Giers Riding Horses2004,結構挑発的かも)。初期の3つの沖縄の墓の映像が初々しく、ここからドロと演出の三面映像になって行くのだなあ、としみじみ。亀甲墓だけではないので、ここは基地もあるので、中部か。

上方落語の会を見ていて、おお、上手から出てきて上手へと下がっている。

落語って下手から下手というふうに思っていたが、これは東の風習か。

桂三度「宿題」(桂三枝さんの創作:鶴亀算から・・)、桂かい枝「算段の平兵衛」。

後者は、なかなかにブラックで面白い。本当に続きがあったのか・・・

http://sakamitisanpo.g.dgdg.jp/sanndannoheibee.html

<どんなもめ事、厄介事、無理難題でも知恵を働かして上手く収めてしまう、人呼んで「算段の平兵衛」。村の庄屋から妾だったお花を手切れ金つきで譲り受け女房にする。この金で遊び暮らしていたが、ついには底をついてしまう。こうなると弱り目に祟り目で得意の算段も上手く行かず、切羽詰ってしまう。

 苦し紛れに頼るのはやっぱり自分の算段しかなく、お花を餌に美人局、庄屋を間男にして一稼ぎしようと算段する。「そんなこと、ようやらんで」と渋っていたお花も背に腹は代えられず、計画に加担する。・・・>

a0034066_07344901.jpg

a0034066_07345083.jpg

a0034066_07345159.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/238858911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2018-11-14 21:16 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob