桂枝雀で「胴乱の幸助」「兵庫船」 相澤冬樹『安倍官邸vs.NHK』幕蓮『官邸ポリス』

2019/2/11(月)

帰って、枝雀落語大全第十一集。

「胴乱(どうらん)の幸助」199068日放送

喧嘩仲裁を趣味にするお金持ちの隠居さんの話。胴乱に入った財布でご馳走する。

2つの話が別々というのが少し珍しい感じがする。

「兵庫船」

鱶(ふか)が絡むところに、少々びっくりさせられる。古典だからだそうだ。なるほど。

読んだ本。

幕蓮『官邸ポリス-総理を支配する闇の集団』講談社、201812

小説仕立てだが、総理が多部敬三で、官房長官が須田英臣だったりして連想しやすい感じ。

でも褒め殺しなのかどうか、よく分からない所あり。

相澤冬樹『安倍官邸vs.NHK-森友事件をスクープした私が辞めた理由(わけ)』文藝春秋、201812月。こちらは、なかなかに興味深い書物だった。

A記者とかが多いが、小池報道局長は実名。有名な人だからなあ・・

校務。

小雪から小雨へ。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239104157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-02-11 22:27 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob