人気ブログランキング |

神戸アートビレッジセンター 劇団エクステ#5『STRAWBERRY MOON』&Fの階『なにごともなかったかのように再び始まるまで』

2019/3/23(土)

今日は神戸アートビレッジセンターでお芝居を2本、うまい具合に楽しめた。

帰り、神戸駅前に東南アジア人の女性が二人、トランクをもって心配そうに立っていた。

新快速で隣の席の男性に大阪はすぐかと聞かれて、私も降りるので一緒に、という。伊丹空港に行くのに、大阪駅と新大阪駅とではどちらがいいか?と聞かれて、戸惑っていると、自分は、阪急梅田駅から蛍池駅、そしてモノレールで行くというナビを見せられ、それは確実なのでいいアイディアと言ったら喜んでいた。昨日売布神社駅に行く途中にあった駅だし。

ベトナム人だそうだ。改札口までついて行って、ここからエスカレーターで上って歩道橋を行くといいよと教えると、握手を求められ握手。日本語の会話は不自由指定内容だが、ほたるがえき、とか漢字の読みは難しそう。

11時からは、地下のホール(映画を上映することが多いので、いまは「新開地オリオン座」と演劇公演のために名前を変えていた(でも、最初、気づかず、こういう名前になったんだと思っていて、ちょっと恥ずかしかった)。今日は3回公演だということで、役者さんも大変だな。

客席からの登場。三田村啓示さんのポップコーンは目立っていたが、まわりは大人の対応。当たり前か。でも、飲食禁止のアナウンスがおかしい。

Fの階『なにごともなかったかのように再び始まるまで』脚本・演出:久野那美

七井悠(劇団飛び道具) 三田村啓示 佐々木峻一(努力クラブ) 練間沙

藤谷以優 イトウエリ(空の驛舎) プリン松

<「満席でも必ずいくつか席を空けておくこと」

映画館には昔から、そんな習わしがある。

今ではほとんど忘れられているけれど、本当は理由があるのだー

映画の町の映画館で映画のように<上演>される、映画というより映画館の物語。 >

KAVCの指定管理者、今は、公益財団法人神戸市民文化財団なんだなあ・・・なんか、私への案内が増えたような・・・あるいは、演劇公演が増えたからか・・・


その後、2回のホールで若々しくでエネルギッシュな舞台を楽しむ。

劇団エクステ#5STRAWBERRYMOON』@神戸アートビレッジセンター KAVCホール

2時間は超えていた。こんなに走り殺陣する演劇はほかではないだろうな。

人を並べて壁にしたりするのは、青森中央高校演劇部にも通じるけれど。

後ろに団塊の世代の3人の女性たち、ずっとおしゃべりをしている。同窓生のようで、昔行った旅館の風呂の話をしていて、一人は入っていないといい、いや、入ったとかあれこれ。

公立高校の名前、「ななこう」って言っていて、ちょっと灘校ぽくてそれも合わせて、懐かしかった。1970年、中2から中3だったな。

劇団エクステ#5STRAWBERRYMOON』作・演出:大塚雅史 高校生以下は500円!

苺組。水無月役の大月航さん、声はもともとか、それとも風邪引いたのか・・


https://exteinfo.wixsite.com/exte/5-strawberry-moon

<高校生に告ぐ 革命セヨ

理想の未来を夢見ながら

カッコイイ自分を探し求める高校生達の暴走。

ヤかましく、華々しく、儚く、舞い散れ!

エクステ第五弾は、熱血青春ケンカ演劇!

若きは、無敵。

アポロ13号打ち上げ、ビートルズ解散、

大阪万博開幕、よど号ハイジャック、三島由紀夫割腹自殺、安保闘争、学生運動激動の時代、1970年。

舞台は、浪花のとある公立高校。

革命倶楽部『紅ヒ月』を名乗る高校生4人組は、学校のありとあらゆる体制に意味無く反抗。その集大成として、ゲリラフェスティバル『革命幻夜祭』開催を画策する。

しかし。その情報を察知した生徒会執行部は学校と手を組み、計画阻止へ手を尽くす。やがて騒動は、警察介入に発展!?追い込まれた4人は、やむなく校舎を占拠する。いわゆるバリ封で、決死の抵抗を試みるが


a0034066_12003978.jpg
a0034066_12010125.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239165000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-03-23 22:47 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー