人気ブログランキング |

ロン・ハワード『スプラッシュ』

2019/6/5(水)

水曜日、梅雨前の晴れ、暑い。

単純に面白い。

ディズニーらしい世界。人魚、マーメイド。

話は違うが、世界の鬼という話が昨夜の会議で出たが、「鬼」の定義、それも国際的なカテゴリーはどうなんだろうかと思ったことを思い出す。

ロン・ハワード『スプラッシュ』1984年、111分、タッチストーンフィルム(かつての大人向けディズニー映画配給会社)。

<げない少年アランはある日、家族で訪れたケープ・コッドで船上から海を見つめ、なぜかそこに吸い寄せられるように飛びこんだ。そして、海の中で可愛らしい少女と遭遇し二人は一目で惹かれあうが、アランは大人たちに救助された。人魚の少女はそれを海から見つめ、船に戻ったアランは遠く離れた海の少女を見つめた。その後アランは、その時海の中で会った少女のことを幻覚だったのではないかと思うようになる。

それから20年後、ニューヨークで兄のフレディ(ジョン・キャンディ)と共に青果会社を切り盛りする青年に成長したアラン(トム・ハンクス)は、再び行った海で溺れかけ気を失い、人魚(ダリル・ハンナ)に助けられる。浜辺で目が覚めたアランは、そこに美しい裸体の女性と遭遇し、彼女にいきなりキスをされて一目惚れをするが、彼女は海に飛び込み消えていった。人魚はアランが海底に落した財布の身分証から、アランのいるマンハッタンを目指し、自由の女神像の前に到着する。全裸の彼女は警官らに捉えられ、彼女が所持していたアランの身分証で連絡を受けたアランは、急いで警察に赴き再び彼女と再会できた。……

アラン・バウアー - トム・ハンクス

マディソン - ダリル・ハンナ

ウォルター・コーンブルース - ユージン・レヴィ

フレディ・バウアー - ジョン・キャンディ

スティムラー夫人 - ドディ・グッドマン

<拾った財布を頼りにニューヨークにやって来た人魚と再会を果たしたアレンは、彼女をマディソンと名付け世話をすることにした。一方、人魚を目撃した海洋学者ウォルター・コーンブルースはマディソンの正体を暴こうと躍起になっていた。そして、本当の彼女の姿を公衆の面前に晒されてしまうのだが。>


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239300350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-06-05 22:21 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob