人気ブログランキング |

明石純平『国家の統計破壊』

2019/7/3(水)
2限目授業。ようよう、冠婚葬祭、人生イベント論へ。
アイドルの歴史も少し。
田中好子さん・もっと女優がしたかった、への導入なので、キャンディーズのファイナル。これも卒業イベントでもある。

2つの校務会議。

そのあと、18時半から京都市市民活動総合センターの会議。先週の市縁堂実行委員会があったことをまったく知らずにいた(6/27)。メールの読み忘れ。


これまでに読んでいた新書。
明石純平『国家の統計破壊』インターナショナル新書、2019.6
春休み、予算委員会をよく見ていた。小川淳也さんの熱弁もあった。
しかし、統計が政治的に歪められることの影響が、なかなか国民には伝わらないもどかしさがあった。
この新書も途中までで投げ出してしまう人もいるだろう。
後半になると、どうして、こういう統計破壊が必要なのか、アベノミクス、安倍内閣の大企業、富裕層のための政治がここまで来たのかという自民党政治の終焉の始まりを実感することができる。もう旧来の保守政党ではなくなっていることは確かだ。

https://www.shueisha-int.co.jp/publish/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%B5%B1%E8%A8%88%E7%A0%B4%E5%A3%8A
<国会での公述人がかさ上げの実態を暴く!
第二次安倍政権の発足以降、わかっているだけでも53件の統計手法が見直され、そのうち38件がGDPに影響を及ぼしている。賃金や消費などの基幹統計は、国民生活と密接に結びついたものである。手法の変更によりかさ上げされた数字では連続性がまったくなく、もはや統計の意味をなさない。これは「統計破壊」と呼ぶべき異常事態である。
アベノミクスの失敗を覆い隠すような統計破壊は、なぜ行われたのか。この問題をいち早く追及し国会でも公述した著者が、公的データをもとに統計破壊の実態を暴く>

a0034066_06503354.jpg

a0034066_06503614.jpg

a0034066_06511716.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239346826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-07-03 20:57 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob
カレンダー