人気ブログランキング |

虚空旅団『Voice Training 2019』浄土宗應典院本堂

2019/9/8(日)

残暑というよりも、まだ酷暑。

国立文楽劇場で11月公演のチラシを取っておく。心中天網島と仮名手本忠臣蔵(八段目より十一段目まで)、10/3から予約開始。

浄土宗應典院本堂へ。

芸術文化振興基金助成事業/大阪市助成 
「いのちに気づく演劇プログラム」應典院舞台芸術祭SDN2019参加公演

虚空旅団第32回公演『VoiceTraining 2019、作・演出:高橋恵。

14011554ぐらい。

二年前の初演は、アイホールで鑑賞していた。ちょうど秋学期が始まったばかり。

その自分のブログ(https://kogure.exblog.jp/237781052)を見ると、2時間を超えていた。

でもどこが縮まったか分からない。森友問題などは新たに入っていて、「一部改定加筆しての上演」ということ。ボイストレーニングの様子などをぎゅっと凝縮したのだろうか。

自衛隊(暴力団じゃないというヒソヒソ声もあったが)出身だからなのだろう、声がやたらに大きい谷崎正志と、声が小さく、自信がまるでなさそうな北山洸。でも、徐々に彼女が看護師になるスイッチを押すと、ちゃんと看護師としての北山看護師になる。人は、いくつかの役柄を演じ分けている。演じる=嘘をついている、ではない。演じるというのはフィクションというイメージが強いので、終末期看護師である北山を生きているというほうがいいのかもしれない。

では、僧侶はどうなのか。お葬式での読経とそのあとのお話。これだって僧侶としての谷崎正志を誠実に生きればいいのかもしれない。前に、平田オリザさんが、人間って、玉ねぎみたいなもので、剥いても、剥いても、本当の自分が出てくるのではないというような話をしていた。

自信のある話し方を教える役目の大迫恭子。彼女が、母親との確執のあと、これはかなりいい娘を外見的に演じている。そこに、母の死が迫ってくる。そのときに、どう和解するか。これもまた最後の新しい演技なのかどうか。これがこのお芝居の最後の難題。

しかし、マニュアルを逸脱できないコールセンターの苦しみを松倉優希は語る。慇懃無礼な客あしらい。マニュアルは虚しい演技、というか、もう演じるではなく、AIに任せるようなものかも知れない。終点ですよと寝ている人に声をかけ、ようやく起きたその人が、松倉に一言もお礼を言わずいなくなったこと。その前に、大勢が見てみないふりをしていたこと。西脇絵梨がつい呟いた「自己責任」という気味悪い言葉・・

姉とは違い大迫夏苗は、本音でやっていこうとする。会社の方針にも疑問を持って声を挙げようとする。いま、もう日本では少数派になってしまっているなと思ってしまう。金曜日、ランチしていると延々と韓国の疑惑のことをやっていて、もう、日本社会は自分たちの問題にむかいあえなくなっていることを痛感している。

西脇絵梨も本音派かも。でも声をあげない。最初はとてもやる気がなかった。途中からの変化。一番、1週間のあいだに、できるだけ多くの人と挨拶をするというタスクが一番聞いたのかも知れない。

猿渡美穂(宇宙ビール)・・・大迫恭子(フリーのパーソナリティ、話し方教室の講師、夏苗の姉)

斉藤幸恵(MC企画)・・・大迫夏苗(廃校の運営を指定管理者であろう会社が委託されていて、その職員)

飛鳥井かゞり(猫会議)・・・松倉優希(コールセンターのベテラン、若い人の研修について悩む)

得田晃子・・・北山洸(終末期医療の看護師。声がなかなか出ない)

濱奈美(三人娘)・・・西脇絵梨(若者ことば、実はコミュニケーションが苦手で、客に服を勧めるような接客ができない)

早川丈二(MousePiece-ree)・・・堀井浩輔(大迫夏苗の上司、会社の方針については反抗しない、中間管理職。諦めて平穏無事に生きる)

山下春輝(ギヴ・ザ・ブロン)・・・谷崎正志(浄土真宗で得度はしたけれど、信仰は生まれず、その面で自信がない声の大きなお坊さん)

a0034066_14205776.jpg

(参考)

http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~koku-ryodan/info.html
あらすじ/
郊外の町で、廃校を活用して開かれている「話し方教室」。そこには話すことにまつわるさまざまな問題を抱えながらも、弱点を克服できないまま講座に通う生徒たちがいた。ある日、体調不良で講義が続けられなくなった講師の後任として、彼らの前に新たな代理講師が現れる。彼女の厳しい指導に生徒たちは抗議するが、やがて議論は深まり「人前で話すとはどういうことか」を考え始めて・・・。
発声練習に取り組む不器用な人々の姿を通し、コミュニケーションの難しさを描く。

トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239552018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-09-08 22:46 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob