人気ブログランキング |

森元斎藤『アナキズム入門』を読みだした。

2019/9/25(水)

この前読んだ新書、栗原康『アナキズム一丸となってバラバラに生きろ』に比べて、今日読みだした、ちくま新書、森元斎藤『アナキズム入門』(2017)は少し穏やかである。

アナキズムの歴史だから、フランス革命からナポレオン、それ以降の革命と反動のなかで、プルードンのことがわかってくる。山本太郎さんのこともちょっと触れている。

a0034066_07125335.jpg

a0034066_07125585.jpg

後期は授業がない。

ただ、会議が3つもある今日はかなり草臥れた。

テレビのメモ。

ゲノム編集食品が解禁。表記もいらないらしい。遺伝子組み換え食品は、例えば大豆の遺伝子に違うものの遺伝子を加えるので、安全確認の試験がいるが、ゲノム編集は、遺伝子を切るだけなので、それは、突然変異を使う品種改良と同じだからであるということ。

消費者団体関係は不安だとしているが、もうアメリカに習って日本もそうなったようだ。

サバの養殖ができないのは、共食いで、養殖しようとしてもできないので、ゲノム編集でサバの攻撃性を減らすことの実験を見せていた。

落語ディーパという番組で、時そばをしていた。桂枝雀の時うどんも紹介されていた。

過去の放送 - 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~ - NHK https://www4.nhk.or.jp/P4544/3/

落語家、といえば、そばを食べる仕草が思い出されるほど有名な「時そば」。まずは名人柳家小さんの芸を見ながら深くトーク。短い時間見るだけでも思わずくすっと笑ってしまうほどの名演は必見!思わずそばが食べたくなる落語の王道の笑いのテクニックが詰まった「時そば」。その秘密を説き起こす。上方では「時うどん」。これまた名人、桂枝雀の名演を。東西の笑いの違いを堪能!喬太郎、「コロッケそば」に東出爆笑!

【出演】東出昌大,春風亭一之輔,柳家わさび,柳亭小痴楽,立川吉笑,【司会】千葉美乃梨,【語り】福田亨


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239593688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-09-25 22:52 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob