人気ブログランキング |

近畿大学文芸学部舞台芸術専攻28期卒業公演『百年の秘密』東大阪市文化創造館 小ホール

2019/9/29(日)

近畿大学文芸学部舞台芸術専攻28期卒業公演『百年の秘密』。

今月にオープンされた、東大阪市の文化芸術館の様子を観たいのと、近大で授業をしていて、ちらほら出演者も私の授業を受講してくれているのだろうという思いから、足を運ぶ。

しかし、1310分ぐらいから、10分の休憩はあるが、16時半までというのは、結構長いお芝居。でも、後半が圧巻で、前半の最後の方は少し長いなあ~~という気持ちもあったが、それは帳消しとなった。

お金持ちと労働者階級の子供二人ティルダとコナの友愛。友愛が結婚などよりも強く。12歳から78歳で命をたつまで。いや、そのあとも。20歳前半の学生たちが、子供から認知症の老人までを演じる。そして、時はアチコチに行く。それをメアリー(メイド)のナレーション(そのときだけPA)がわかりやすく説明。しかし、ずっと、あのイジメ関係(リーザロッテによるコナのヘイト)が続くのが、つらい。

近畿大学文芸学部舞台芸術専攻28期卒業公演『百年の秘密』東大阪市文化創造館 小ホール

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

演出:畑澤朔哉

監修:盛加代子

あの木は誰よりも知っているのよ。ベイカー家の秘密を。

ずっとずっと昔の良き時代。楡の木を囲んで建つベイカー家の館大好きな家族や友人と幸せな日々を過ごしていたティルダは、この穏やかな日々がずっと続くと信じていた。

しかしベイカー家の栄華もいつしか陰りを見せ始める。

これは、楡の木を中心に描かれる100年の物語。

【キャスト】

ティルダ:中村萌花

コナ:前山理緒

カレル:稲垣明宏

ブラックウッド:佐藤海斗

エース:畑澤朔哉

メアリー:青木優里彩

フリッツ:竹中智

ポニー:林由梨佳

ウィリアム/ロビン:河野翔

パオラ/ケイト:松下美波

チャド:渡邊晶太

リーザロッテ/嫁:滝川加奈子

不動産屋/ベロニカ:浦塚理央

ブラックウッド家のメイド/姑:岡田あゆ奈

幼少期ティルダ/ニッキー:喜多千沙菜

幼少期コナ/ドリス:小谷文美子

執事/カウフマン:嘉数達哉

舞台美術   松下美波    舞台美術監修 柴田隆弘

照明     渡邊晶太    操作     岩橋芽衣・杉原たまき

音響     青木優里彩   操作     南崎佳穂

映像     稲垣明宏    操作     槇原千紘

舞台監督   馬場朱里    補佐     滝川加奈子

舞台技術監修 溝渕功     衣装     中村萌花

小道具    佐藤海斗

制作     喜多千沙菜   宣伝美術   西村智之

http://www.news2u.net/releases/167001

【東大阪文化創造館について】

<近鉄八戸ノ里駅北約200mに令和元年(2019年)91日オープンの東大阪市文化創造館は、優れた音響空間と上質な鑑賞環境を提供する1,500席の大ホールと300席の小ホールをはじめ、音楽・ダンス・会議・研修など各種用途に適した創造支援室や音楽スタジオなど20室を備えた新しい施設です。1階にはどなたでもご利用いただけるカフェ「まちライブラリーカフェ」や市民が持ち寄ったおススメの本で本棚を埋めていくライブラリー「まちライブラリー」を併設し、屋外には街角広場があり、人々が交流し、にぎわいを生み出します。>

a0034066_07345290.jpg

a0034066_07345574.jpg

a0034066_07370826.jpg

a0034066_07350271.jpg

a0034066_07350400.jpg


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239605567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-09-29 22:51 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob