人気ブログランキング |

「胴斬り」桂吉の丞  「一文笛」桂米左

2019/10/1(火)

帰ってみた録画。

桂吉朝さん(2005年に亡くなった)ゆかりの演目、お弟子さんの特集。

上方落語の会。

「胴斬り」桂 吉の丞、シュールな演目。離れているのにつながっている。アニメぐらいしかできないという解説だが、アニメとしてもなかなか描きにくいだろうな。上半身と下半身の分離。でも二人になってどちらも幸せに働いている。でも、奥さんはどうなのか?

「一文笛」桂 米左、桂米朝作。明治時代のスリのお話。病院がとても戦った時代。

今日から消費税10%ということだが、今日は消費行動をしなかった。

いや、名前の替わった石清水八幡宮駅から通勤したから、気が付かずに消費税を使ったのかも。

あいちトリエンナーレのなかの「表現の不自由展 その後」が3日ぐらい公開されるという。予約がいるのかも。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239610275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-10-01 22:07 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob