人気ブログランキング |

芸術の公共性と公益性。どうも大変なことになっているようだ。

2019/10/17(木)

芸術の公共性と公益性。どうも大変なことになっているようだ。


あいちトリエンナーレ関連で、文化庁長官や、次長の答弁を動画で観た。

決裁は長官ではなく、審議官までだったということも知らなかった。その程度のものなのに、重大な変更をしている。

関連はないと文科省は言っているようだが、芸術文化振興基金の補助金についても「公益性」の観点から取り消すことができるという項目が追加されたという。それも9/27というから、不交付の9/26の直後だ。


これら論稿など、大事な指摘を読んでいる。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67828?fbclid=IwAR0dpPyld6zkoKcKptyElBjnDXZW_WdQEkRKegK8ewI5NJ_yCS1_6SwqEQ0


https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/kore-eda?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharefacebook&sub=0_123460315&fbclid=IwAR2WagScgrJJD8rskX2mENgUf-I72Zt4ukC3cZAr_ydDJJ2ZzV3bXrXr7Qw#123460315


自分も大昔、国会議員に質問通告のあと、議員会館に質問とりをしたことがあったので、10/11に質問通告して(国民民主党の切れ味鋭い議員)、質問する前にそれが行政側から漏洩されたという事案にはびっくりした。

帰って、録画鑑賞。「小暮」という名の主人公のドラマを観たり、アメフトを観たり(ロンドンでやるんだなあ)。


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239665390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-10-17 22:08 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob