人気ブログランキング |

沖田修一『モヒカン故郷に帰る』東京テアトル  星新一『どこかの事件』

2019/10/30(水)

面白かったもの2つ。

星新一『どこかの事件』新潮文庫、1987年。

沖田修一(脚本も)『モヒカン故郷に帰る』2016年、125分、東京テアトル。言葉の隙間が多い。結婚式と葬式の近さ。

<舞台は瀬戸内海に浮かぶ架空の小さな島「戸鼻島(とびじま)」。撮影は20154月にオール広島ロケ(主に呉市の島嶼部である下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島)で行われた[2][3]。主演の松田龍平はデスメタルバンドのボーカル役を演じるために、人生初のモヒカン頭となり、デスヴォイスでの歌唱を行っている。>

<田村永吉 - 松田龍平:デスメタルバンド「断末魔」のボーカル。実家は戸鼻島にある酒屋。名前の由来は父・治がファンの矢沢永吉。不器用な性格だが病に倒れた治の願いを叶えるため奔走する。

田村治 - 柄本明:永吉の父。「矢沢は広島の義務教育だ」と言うほどの矢沢永吉の大ファンで、コーチを務めている中学校の吹奏楽部の演奏楽曲にも「アイ・ラヴ・ユー、OK」を採用している。

会沢由佳 - 前田敦子:永吉の恋人。職業はネイリスト。

田村春子 - もたいまさこ:永吉の母。広島カープの大ファン。

田村浩二 - 千葉雄大:永吉の弟。

竹原和夫 - 木場勝己:島の医者。

会沢苑子 - 美保純:由佳の母。

野呂清人 - 小柴亮太:吹奏楽部ただ一人の男子部員。

清水 - 富田望生:吹奏楽部の部長。>


トラックバックURL : https://kogure.exblog.jp/tb/239714204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kogure613 | 2019-10-30 21:39 | こぐれ日録 | Trackback | Comments(0)

こぐれのぶお・小暮宣雄 写真は春江おばあちゃんと・サボテンの花嬉しく 


by kogurenob